本日 224 人 - 昨日 457 人 - 累計 1148254 人
RSS

7/20(月祝)2015CSC5時間耐久ロードレースに行ってきました!

ブログが滞っている間に、イベント記事が随分前になってしまいました。
1ヶ月経っちゃってますね。

表題の通り、7/20の海の日、昨年に引き続きCSC5時間耐久ロードレースに行ってきました。
いざ、灼熱の修善寺へ!

01 02
朝3:30~、車3台体制で各地点でメンバーをピックアップしながら会場を目指します。
参加メンバーはマッキーさん、タカヤさん、だいぱぱさん、だいままさん、ユウトさん、りがにーさん、イシカワさん、竹さん、店主の9名。
3人x3チームの参加です。

ピットサポートにCOGさん、カメラマンにきょん君を加えて、11名で出かけてまいりました。

03 04 05
1年ぶりの修善寺、日本サイクルスポーツセンター。
これから5時間、頑張るぞ!

06 07
エントリーは162チーム、出走は158チームでした。

皆さん早いですね~。
ピット前の一等地は、ほとんど埋まっちゃってました。

という訳で、ピットからちょっと離れてしまいますが、少し木陰もある涼しい芝生の方に休憩場所を確保。

08
この大会は試走が義務付けられているので、何組かに分かれて全員で試走します。
コーナーのきつい箇所もあるので、主催者側が注意ポイントを説明しながら一周、2周目以降は任意で試走できます。

09
コース上にきょん君を発見!
いい写真、お願いしますよー!

10
修善寺の5kmサーキットコースは、サーキットコースとはいいながらも、登りと下りしかないといわれる(しかも10%以上の坂付き!)難コース。

スタート(ピット)→ちょい登り→急カーブの連続する長い下り→長い登り→短めの急な下り→きつめの短い登り→ピット、で一周。
試走だけでも疲れそうです。。

幸いにしてこの日の最高気温は32℃。
涼しいとは言いませんが、この時期の伊豆としてはまだマシでした。

11
試走を終えたら、レースに備えて準備運動したり補給したり。

さてここからはせっかくなのできょん君カメラの写真に切り替えたいと思います~。

01
きょん君カメラ撮影の試走風景。

02
お互いにカメラを向けあっていました(笑)

03
マッキーさん、だいままさんの女性コンビも楽しげに試走していました。

コースはきついですが、メンバー交代は自由です。
頑張りましょう~!

04
レーススタート!
同時出走158名、スタート直後こそ密集して見えますが、5kmのサーキットコース内で考えるとさほどの人数ではないので、すぐに走りやすくなります。

まして登りと下りしかないこのコースでは、通常のロードレースに見られる「集団」の効果も薄く、大体あっという間にばらけます。

05 06
まだまだ余裕なスタート直後。
ここから大きく下ったら、すぐに大きな登りに入ります。
本格的にレースが動くのはそこからです。

07 08
という訳で2周目からは早くもばらけてます。

各チーム第一走者はタカヤさん、ユウトさん、店主の3名。
全員昨年このコースを走っています。

最初の30分間は選手交代ができないので、このコースだとトップクラスに速い人で4周、一般的には3周は走らないと第一走者は交代ができません。

09 10 11
クロチェリスタチームはきれいに3周で全員第二走者に交代しました。
第二走者は竹さん、だいままさん、りがにーさん。

だいままさんはこれがレース初参加です!
修善寺でデビューというのはかなりハードですが、無理せず頑張ってくださいー!

竹さんは昨年に引き続きの参加、
りがにーさんは別のレースでこのコースを走った経験あり。
コースも難所で、暑さもあるので、無理は禁物ですね~。

12
ママを応援している?
だいさん夫妻の娘さんがマジで天使でした。

店主、恋に堕ちてしまいそうです。
30歳差ですが、なにか?

14 15 13
店主の恋の行方はさておき、レースは第三走者にチェンジしています。
第三走者はマッキーさん、だいぱぱさん、イシカワさん。

マッキーさんは昨年は女子チームで優勝しています!
といっても女子チームの出走が1チームのみでしたが(笑)
今年は複数チームあり、まして女子ソロ選手も2名いました!すごい!

だいぱぱさん、イシカワさんはレース経験はあるものの、修善寺は初参加です。
お二人とも走り慣れてはいますが、やはり無理せず安全にゆきましょう~。

18
たくさん人のいるピット付近は颯爽とカッコよく駆け抜けたいところですが、ピット前が激坂で、大体ヘロヘロ状態でピットに辿り着く鬼設定。。

でも選手交代をする耐久レースでは、スピードが乗った状態でピットエリアに入ってしまうととても危険なので、登りの厳しさで自然とスピードが落ちるこのコースは、安全といえば安全です。

17 16
ピット周辺では選手交代待ちだったり、チームメイトを応援したり。
応援する側からしても、スピードが落ちている方が選手の判別もしやすく、応援しやすいです。
走っている本人はきついですが。

19
交代のサインは見逃さないように!
こういう時、クロチェリスタジャージはなかなか目立つので、発見がラクなので助かります。

20 21 22 23 24 25 26 27 28
力走を続けるチームクロチェリスタのメンバー。

こうしてちょいちょい選手交代をしながら、5時間のゴールを目指します!

29
脚つったー!!
修善寺のきついアップダウンに加えて、真夏の暑さ。
後半はかなりきつくなってくるので、早めの交代、補給に気を付けましょう。

30 31
5時間終了間際!
ラスト周回、全力でゴールラインに飛び込むりがにーさんとマッキーさん!

32
両手を挙げてゴールするユウトさん。
特に優勝したわけではありませんが(笑)やはりこの厳しい修善寺のコースを5時間走り切った達成感から、手を挙げてゴールする人は他にもたくさんいました。

あと、コースの厳しさを知っているからか、運営側や他のチームの人たちも、ゴールする選手を拍手で迎えたりしてくれます。
このあたりの一体感が、このレースの魅力を増している気がします。

ご参加の皆さん、お疲れ様でした!

33 34
全チームトラブルなくゴールできれば十分だと思っていましたが、結果としましては、チームクロチェリスタはなかなかの健闘を見せ、男女混合部門では1チーム入賞もできました!
やったね!

35
参加メンバーの皆様、お手伝いいただいたCOGさん、ありがとうございました!
きょん君、いい写真たくさん撮ってくれてありがとう!

参加希望があれば、また来年も出ましょうかね~?