本日 36 人 - 昨日 565 人 - 累計 1152087 人
RSS

店主イタリアへ~2016~その③

イタリア旅行記、三日目のご報告です。
さんざん観光したりワイン呑んだりしていましたが、やっと本業らしく自転車に乗ります。

01 02 03
昨日到着した古城のホテル「カステル・ブランド」で迎える最初の朝。

朝食は昨晩の夕食の場所とは部屋が異なりましたが、やっぱりお城らしい雰囲気は変わらずでした。

今日からは自転車で走るということなので、しっかり朝食も摂っておきたいところです。

04
朝食を終えると、支給されたジャージに着替え、自分のサイズに予め合わせられた自転車を受け取ります。

これが新車「CENTO 10 AIR(チェントディエチエアー)」!
テンション上がりますねー!

05
そしてゲストには「Wilier Triestina Southeast」の現役選手が同行してくれるとのこと!
テンション上がるような、恐ろしいような(笑)

ちなみに選手と一緒に写真撮っているのは、このツアーの日本メイン案内役、服部産業のキタさん。

07
さて、走り出すとすぐに気持ちの良いぶどう畑の中を走り抜けます!
VARDOBBIADENEの辺りは、昨年ジロのTTでも使われたプロセッコの名産地。

ちなみに昨年のジロの時にVARDOBBIADENEを通るTTステージでは、この土地をモチーフにしたオシャレなプロセッコ柄のジャージが発売されていましたね~。

現役選手含め、イタリアの猛者達が一緒に走るということで、どうなることかとちょっと身構えていましたが、意外なことになんともゆったりなサイクリングムード。
実は、昨年あまりにも厳しいペースとコース設定に、一部ディーラーから不満の声があり、だいぶ緩くすることにしたのだとか。
たしかに昨年はメッチャきつかった(笑)

でも、個人的にはきつくても、それもイタリアらしいと思って楽しんでいたので、ちょっと残念。

08
そんな心配をよそに、日本人グループの最若手で、店主のホテルのルームメイトでもあるT君が、なんと登り区間でアタック!

それをきっかけにサイクリングムードは一転。
一度は見送るかと思われたT君のアタックを、サウスイーストの選手が捕らえるべく強烈にペースアップ!
離れた距離をみるみる縮めてゆき、後ろはベタ付きしていても千切れそうなペースで、集団はバラバラに。
(そんなペースでも、実際牽いている選手自身はたいして息も切らしていなかったのが、やっぱすごいなぁと思わされました。)

09
その後は写真を撮る余裕もなく、あっという間にゴール地点まで行ってしまいましたとさ(笑)
T君をものすごい勢いで捕らえた後もペースはさほど落ちず、最初のサイクリングペースが嘘のようなペースでしたが、40kmくらいとさほどの距離でもなかったこともあり、なんとか置いて行かれることなく到着できました。

なんとなく千切れずにゴールできたこともあって、勝ったみたいに記念撮影♪

10 11 12 13
ゴール地点にはドリンクや軽食が用意されていて、これがまた美味しかったです。
ちなみにドリンクはいかにもアペロールか何かのアルコール飲料っぽいですが、さすがにノンアルコールです。

14
ゴールの休憩地点はプールもある豪華な庭で、なんの悪ノリか、キタさんはじめ、アメリカと韓国のディーラーも混じってプールへダイブ!

そして、さすがに怒られたりしないのかと思いきや、イタリア人、大うけ(笑)
やっぱイタリアだわ。

15 16
休憩の後は、下ってカステルブランドへ帰ってきました。
帰り道に改めてカステルブランドを見上げると、あのホテル、ずいぶん高いところにあるんだなぁと実感。

17 18
帰ってきて、さっきの軽食とは別に改めて昼食。
自転車で走るのを終えてしまえば、当然のように昼からワイン。
昨日の110周年記念ラベルのビールもまだ残っていたみたいで、こちらも飲めるのと同時に、一本お土産にもいただいてきちゃいました♪

19 20
午後は時間もあったので、隣町の「FOLLINA」まで散歩することに。
服部産業のセノさんと、ルームメイトのT君、昨年も一緒で仲良くさせてもらっていたYさんと、2km先のスーパーを歩いて目指しました。

21
フォッリーナへの道は「イタリア版の田舎道」という感じで、繁華街なわけではないですが、イタリア情緒を感じられる街並でした。
道の途中には、いかにも田舎にありそうな絵になる手動の井戸がありましたが、残念ながら水は出ず(笑)

22
ちょっと裏道に迷いつつ、なんとか目的地のスーパーまで着いたのですが、なんとやってない!
定休日!?


と思ってよく見ると、お昼休憩中でした。
休憩時間、実に13:00~16:00
そういえば、イタリアのお店って、軒並み休憩3時間とるんでした。
忘れてました。
Yさんと「ウチも帰ったらイタリア時間を倣って3時間休憩を導入しました、っていって休もうかな~?」とか冗談言いつつ、開店までしばし待つことに。

幸いにも16時に近かったので、あまり待たずに入ることができました。

23 24
ワイン安っ!
700mlで1.59€ってことは、190円くらい?
そしてチーズも安くて多い!
さすがイタリア。。

25
なんと、キッコーマンの醤油が売ってました(笑)
これは結構いいお値段。

26
お店のレジ近くの掲示板には、ブルべ?エクストリームなイベントのポスター。

「獲得標高13,000mを含む830kmをノンストップで」って(笑)

27 28
各自好きなものをお土産にいろいろ買った帰り道、行きにはなかったと思われる年代物のウィリエールが!
セノさん、興味津々!

サドルにはいったい何が巻いてあるのか。。(笑)

29 30
ジロ・デ・イタリアも開催期間中の今回の旅行、お土産にT君がガゼッタ紙を買いたいということだったので、道中にあった数少ない、何屋だかよく分からないお店へ突入!
身振り手振りや翻訳アプリを駆使して、なんとかガゼッタ紙がないかと伝えてみると、「ここにはないけどフォッリーナにならあるよ」とのこと。

え、、今そこから大量のお土産抱えてやっと帰ってきたところなんですけど。。

31 32
というわけでガゼッタ紙はまたの機会にして、とりあえずまたしてもビール。
この日はかなり暑く、フォッリーナの街を往復歩いたらかなり喉が渇いてきていたので、メチャメチャ美味しく感じました~!


ところで、結局このお店は何屋だったのか(笑)
店内には駄菓子みたいのやコインゲームがあって、日本でいう「昔ながらの駄菓子屋さん」みたいでもありましたが、酒は置いてるし、表のテーブルではラジオを聴きながら呑んで談笑している地元のじいちゃん方で盛り上がっていました。

33
夕飯は改めてホテルで。
前日同様、宗教画のような空間での夕食でした。

あれ?ロードライドよりフォッリーナの街への買い出しがメインになっているような。


その④に続きます。
明日はMTBに乗ります。