本日 150 人 - 昨日 300 人 - 累計 464588 人 サイトマップ
RSS

wirier(ウィリエール)一足早い2018年限定車受付中!

クロチェリスタ一押しのブランドWilierから2018年モデル情報の一部が届きました。

まだ2018年の正式なラインナップや価格は決まっておらず、今回ご紹介するものはこの早期受注時期だけの限定商品が多いのですが、少しお買い得だったり、パーツがよい構成になっていたり、はたまた新型アルテグラR8000をフルで搭載したモデルを一早く手にできたりします。
ちなみに新型R8000アルテグラ搭載のモデルも、なんと来月上旬にはご用意できるモデルがけっこうあります!

もちろん正式な2018年モデルは来月以降に発表、注文もできるのですが、今回の限定車種に関しては今月中、具体的には店主イタリア出張につき6/28(水)~7/5(水)まで臨時休業なので、6/27(火)が締め切りとなります。
ご検討中の方はぜひこの機会にお問合せいただければと思います。

画像
CENTO 10 Air(チェントディエチエアー)レッド、新型アルテグラR8000使用車
2017年に旗艦モデルとして発表されたCENTO 10 Airに最新コンポーネントを搭載し、ホイールも新型アルテグラグレードにアップグレードされた限定車種です。
しかも価格も通常版より安いという、お買い得感満載のまさしくリミテッドエディション!
サイズとカラーに限りがあるので、気になる方はお早めに!

画像
CENTO 1 Air 46(チェントウノエアー46)105完成車
日本国内限定車種として大人気だった、チェントウノエアーを46Tカーボン化して抜群のコストパフォーマンスを持つチェントウノエアー46も数量限定で通常版よりお求めやすくなっています。
写真はありませんが、ステルスブラック仕様もあります。

画像
GTR Team新型アルテグラR8000完成車
ミドルグレードとして継続が決まっているGTR Teamにも新型アルテグラを搭載した車種がリミテッドで登場です。
2018年もラインナップされますが、こちらも通常版よりお買い得仕様になっています。
画像 画像
新型アルテグラ仕様の画像はありませんが、ダークマットとホワイトグレーのご用意も可能です。

画像 画像
今回の最新情報としてはコチラが目玉になるかもしれません。
日本限定で復活したZERO 9(ゼロノヴェ)R8000完成車&105完成車
超軽量な生粋のレーシングマシンにしてプレミアムモデルのZero 6(ゼロセーイ)やZero 7(ゼロセッテ)の設計を受け継ぐミドルレンジモデルで、人気がありつつも2015年で一度販売がなくなっていたモデルです。
なんと日本限定で復活したとのことです!

画像 画像 画像 画像 画像 画像
カラーはイタリアナショナルチームを思わせる鮮やかなブルーと、チームジャパンをイメージしたホワイトレッドの2色。
シートチューブには「日本限定」のイタリア表記が入ります。
トップグレードの60Tカーボンを用い、かつてトップモデルとして使われて勝利を量産したCENTO 1 Superleggeraと同等といわれるモデルが、ミドルレンジの価格帯で買えてしまうという、生粋のレーサーが欲しい方にはたまらないアイテムです。

こちらは復活とはいえ新型フレームになるので、入荷は9月頃の予定ですが、今回はSサイズ限定ですが、ホイールをグレードアップして、かつ2018年の通常価格より少しお安くできる限定車を予約受付しています。

画像 画像
アルミモデルにも追加があります。
montegrappa team disk(モンテグラッパチームディスク)
上位グレードの形状を踏襲し、スムース仕上げの美しい仕上げ、コラムまでフルカーボンのフォークを採用した、入門機と呼ぶにはあまりにハイスペックなアルミモデル。
このモンテグラッパチームにディスクブレーキ仕様が登場です。
鮮やかなレッドと、渋いシルバーの2色です。

画像 画像 画像
通常のキャリパーブレーキ仕様のmontegrappa team(モンテグラッパチーム)ももちろん継続で、こちらにもレッドが追加になります。
ご予約も可能ですが、新色のレッドは入荷は8月以降くらい?になるみたいです。

画像 画像 画像
最後にお買い得な入門機のご案内です。
「montegrappa team」の登場以前に入門グレードを担っていたアルミモデル「montegrappa」がSORAグレードでお得になっています。
高品質なアルミフレームバイクに格安でデビューできちゃうので、10万円前後がご予算の方はぜひ選択肢の一つに加えていただきたい一台です。
当時のフレーム価格とほとんど同価格で、完成車にてご用意できます。
ブラックもあります。


いかがでしたでしょうか?
もともとコストパフォーマンスが抜群に高いウィリエールですが、今回の限定車種はその中でも特にお得感の高いものが多いです。
価格や仕様の詳細は、お手数ですが個別にお問合せください。

来月にはまた正式な2018年ラインナップが公表されると思うので、その時には改めてご紹介できればと思います。


関連記事
ジロは終わっちゃってますが。。オシャレなスパークリングワインジャージはいかが? (07月07日)
展示会情報!PRさんより (10月30日)
ウェア小物がぞくぞくと、、ソックス編 (11月03日)
グラファイトデザインのNEWフレーム! (02月06日)
超イチオシ!SIXS(シックス)のウィンドブレーカーが入荷しています! (11月15日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):