本日 329 人 - 昨日 530 人 - 累計 646304 人
RSS

Wilier 2018注目モデル~Zero9~

CROCERISTA一押しブランドのWilier、2018年モデルの中でも特におすすめのZero9(ゼロ ノヴェ)のご紹介です!

カラーリングは3色で
・イタリアンブルー
_MG_6611

・ジャパニーズホワイト
DSCF1119

・マットブラック
DSCF1109

になっています。
店長曰く、イタリアンブルーが色合いで最もきれいだった。ということで、店頭在庫はイタリアンブルーのみになっていますが、他の色で気になるものがあればお問合せください!

なので、今回は店頭にあるイタリアンブルーの画像を使って紹介させていただきます。

Zero9は本国でも販売されていない、日本での限定モデルになっています。
というのも、以前あったZero9が好評だったにもかかわらず、本国では生産中止になってしまい、2年ほどなくなっていたモデルだったのですが、日本の代理店さんのオファーにより限定で復刻したモデルなんです。
それを証明するようにシートチューブには”EDIZIONE LIMITATA GIAPPONE”
日本限定エディションの文字があります。

_MG_6578

Zero9はフレームの名前通り、900g台と軽量なフレームです。
しかし、実際に乗ってみると900g以上に軽快に感じさせてくれるフレームに仕上がっています。

_MG_6606

また、そんなフレームを形作っているカーボンは60Tカーボン。
軽いけど弱い、ではなく、軽くて剛性も高い、いわゆるレーシングフレームです。

_MG_6583

トップグレードに使われるカーボンと同じレベルの素材で、実際にトップグレードと並べても遜色がないくらいの仕上がりになっています。
このZero9ですが、グランツールで数々のステージ勝利を飾ったペタッキが乗っていた当時のフラッグシップモデル「Cento 1 Super Leggera」に近い乗り味と代理店の方も言うほどに、評判のいいフレームなんです。
そんなモデルだけに、チェーンステーには”racing division”の一文

しかしフレーム価格は税別30万円と、セカンドグレードの価格なんです!

_MG_6597

写真ではお伝え出来ないキレイさなので、ぜひ店頭でご確認ください!

_MG_6587

_MG_6589

_MG_6603

Witten by きょん


関連記事
夏の展示会で気になったもの~パーツ編~ (09月08日)
ワケありのスペシャルフレーム (07月30日)
グラファイトデザインから鮮やかな限定カラーフレームが! (05月03日)
夏の展示会で気になったもの~小物たち~ (09月11日)
「和」なバーテープはいかがでしょうか? (11月28日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):