本日 16 人 - 昨日 576 人 - 累計 694652 人
RSS

TRIGON(トライゴン)の取扱を開始しました!

大手メーカーのOEMを多数手掛ける、確かな技術力をもつ台湾のブランド、TRIGON(トライゴン)。
以前から細々とパーツなどは出回っていたのですが、あまり認識されていなかったように思います。
というのも、なんとなく取扱い代理店が特に説明もなく「1パーツブランド」くらいにしか載せていなかったからだと思うのですが。

しかし、代理店も変わり、先日展示会にもお伺いして改めて「トライゴン・ジャパン」として熱い思いを聞いてきましたので、クロチェリスタでも取扱いを開始させていただくことになりました!

IMG_1790
トライゴンがどういうブランドなのかは、トライゴン・ジャパンさんのホームページに詳しく書かれているのでそちらをご参照いただければと思います。
メーカーページはコチラ

rs_uci_semiaero-5
OEM元として、数多くの大手メーカーのOEMを手掛けるトライゴンは、もちろんその技術の高さと合わせて、OEM元ならではの低価格も実現しています。
そして、単純なライン工場的に造られてゆくのではなく、職人のハンドメイドによるところを非常に重視しているところも特徴です。

IMG_2205
実際、製品ラインナップには特に書かれていませんが、カラーオーダーなども受けてくれます。
そのあたりも、単純な大手工場ブランドとは大きく異なりますね。

ブランドと言いつつ、工場そのものなので、基本的になんでもできます。
ロードバイクからMTBまで、キャリパーブレーキでもディスクブレーキでも、カーボンはトップのT1000を使うのか価格を抑えてT700なのか、等々。

そしてそのトップ素材のT1000を使用して、まさしく「フラッグシップ」として造っても、フレームセットが20万円そこそこという価格を実現しています!

7b2c77f3bfb1e1b73d2f0410735b9ab95415a82d35305af73c98429007837bc1trigon_rs_colorways-1dzero_image-2
国内への基本ラインナップは今のところ4車種、価格はフレームセットで税別¥139,000~¥210,000となっていますが、上記した通りメーカーそのものなので、本国ではより多くのラインナップがあり、他のラインナップもオーダー可能です。

オーダーするアイテムにもよりますが、概ね上記の価格に収まるそうです。
カラーオーダーに関しては要相談ですが、ある程度柔軟に受けてくれるとのことです。
納期も早く、ほぼ2~3週間で用意できます。

IMG_7590
「ブランド」ではなく「メーカー」であることに誇りをもっている、というトライゴンの自転車。

ブランド名ではなく、本当にいいバイクをリーズナブルに乗りたい、という方は、ぜひ選択肢の一つに加えていただきたいメーカーです。


関連記事
サイクリングでちょっとした荷物の携帯におススメのグッズです (09月03日)
展示会速報!ANCHOR(アンカー) (10月03日)
ニコちゃんマークのスマイルグリップが入荷しました。 (05月22日)
国旗カラーが人気? (11月20日)
intro(イントロ)とR-FORCE(アールフォース)の期待の新製品 (05月19日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):