本日 146 人 - 昨日 503 人 - 累計 851620 人
RSS

ウェア小物がぞくぞくと、、アンダー編

さてさて、冬物のご紹介が追いつかないくらいの勢いでどんどん寒くなってきてしまっていますね。。

今年は暑さも厳しかったですが、寒さも厳しそうです。
自転車乗りの皆さまは元気に自転車生活を送れておりますでしょうか?

さて、追いついていない冬物アイテムのご案内です。

IMG_0171.JPG
超オススメの冬物アンダーが入荷しています。
DRY(ドライ) アイスシリーズ ジップドハイネック
¥7900

その名の通り「ドライ」な状態を保つアンダーウェアの専門メーカーで、ココよりも暖かいアンダーウェアはあっても、ココよりも速乾性に優れるメーカーは少ないと言えると思います。

一時の暖かさよりも「運動後の汗冷えを防ぐ」ことが長い時間の快適性を高める秘訣、それがドライクオリティです。

IMG_0172.JPG
アイスシリーズはそんなドライアンダーウェアの中で少し太めの繊維で編みこんだ保温性の高いシリーズ。
ジップドハイネックはジップ付きのハイネックで、首回りまでしっかり保温するとき、暑くなってきたとき、ジップの開閉で体温調節を容易にした高機能なアンダーウェア。

IMG_0173.JPG
もちろん自転車用に背面が長く、袖も長いサイクルデザイン。

アンダーウェアはいわゆるメインのサイクルジャージよりも軽視されがちですが、実は最も重要だと思います。

アンダーウェアがあって、その上に何を着るにしても、全ての基盤として常に身に着けておきたい。
そのくらい重要。
冬物のメインジャージよりも優先順位が高いアイテムだと思います。

このアンダーウェアがあって、+夏物ジャージなのか、+夏物ジャージ+アームウォーマーなのか、+冬物ジャージなのか、といった選択肢の最も基礎となる部分。
「アンダーウェアなんてなんでもいいものなのに、高い!」と思わず、ジャージ以上に重要なものとして、ぜひアンダーウェアこそいいものを使っていただきたいです。

IMG_0168.JPG
グローブにもインナーグローブと呼ばれるものがあります。
ゴールドウィン:光電子インナーグローブ
¥1890

名品と言われるゴールドウィンの人気アイテム、光電子シリーズのグローブ。
体温を跳ね返して保温するという、ハイテク素材でできています。

IMG_0169.JPG
アンダーウェアと同じく、夏物グローブと合わせるのもアリ。
こうすることで、冬の入り口や春先、夏物じゃ寒いけど冬物じゃ暑いなんて時にも活躍します。

IMG_0170.JPG
もちろん冬物でも寒い厳寒期に、冬物+インナーグローブで最強仕様としても活躍。
インナーだけに肌触りもよく、速乾性でもあるので、単体で普段使いにもとっても快適です。


ついついメインアイテムに目が行きがちですが(もちろんそちらも良いモノなのですが)こういったアンダー系のアイテムはメインアイテムに比べれば比較的安価で手が出やすい割に効果が大きい、使いやすい、使える期間が長いものが多いです。

試着もできますので、ぜひお手にとってご検討ください。