本日 147 人 - 昨日 503 人 - 累計 851621 人
RSS

展示会速報!カワシマさんのグッズたち

展示会速報、前のネタをアップする前に、どんどん次のネタが入ってきてしまっています。
なので箇条書き的にどんどんアップしてゆきます~。

01.jpg 02.jpg
カンパニョーロコーナー。
新型コンポやボーラウルトラの35mm等の展示はありましたが、SHAMAL MILLEの展示はなかったです。
残念。

03.jpg 04.jpg
話題のRACING ZERO NITE(レーシングゼロ・ナイト)
今後の売れ筋アイテムとなりそうです。

05.jpg 06.jpg
そして初見のRACING ZERO CARBON(レーシングゼロ・カーボン)!
フルカーボンクリンチャーが流行の兆しを見せる中、20万円台半ばでこのホイールを出してきたあたり、かなり狙ってますね。

07.jpg 08.jpg 09.jpg
こちらはイタリアの王道素材メーカーDedacciai(デダチャイ)が展開するマウンテンパーツブランドMUD(マッド)。
今まではロードもMTBもDedacciaiブランドとして出ていましたが、来季よりデザインを分けるそうです。
これはこれでカッコいいですよね!
ステムやピラーでサイズが合うものは、ロードに使っても良さそうです。

10.jpg
ロードステムでは50㎜のミニマムサイズが登場。

11.jpg
12.jpg 13.jpg 14.jpg
ハンドルバーはすっかり「RHMデザイン」になりつつありますが、ZERO 100シリーズでのみRHM、シャロー、ディープの3デザインを展開。

こうハンドルのいわゆる「コンパクト化」を見ていると、NEWTONのアナトミックデザインなども、しまいには廃番・レアもの化してしまったりするのでしょうか。。

アナトミックハンドルの名品も少なくなってしまっているだけに、あるうちに買っておいた方がいいような気がしますね。。

15.jpg
Dedacciaiが提唱する「35(トレンタチンクエ)シリーズ」も、もっと広まるかと思いましたが、今のところDedacciaiのみですね。

16.jpg 17.jpg 18.jpg
トライアスロンパーツ・グッズブランドのPROFILE DESIGN(プロファイルデザイン)のDHバーに、ベント角の少ない「T5型」が発売。
直進デザインで力が一番入りそうなT2型と、ベントしている他モデルとの間の感じですね。

19.jpg
サドルを前に出せるファストフォワード・シートポストもプロファイルデザインならでは。
通常のロードバイクも、プロファイルデザインにかかればTTポジションに近づけることができます。

20.jpg 21.jpg
大して宣伝もされず、値段も書いてなかったですが、バーテープが結構良さそうでしたよ。
これ、価格によっては買いかも。
今度調べてみます。

22.jpg
このステム、エアロ効果を狙ってのデザインなのでしょうけど、そういうこと以前にボルトが見えなくてスッキリしていてカッコいい気がします。
こういうの好きな方、いるんじゃないでしょうか?

23.jpg
ELITE(エリート)のボトルケージにスキン・グリーンが追加です。
最近は蛍光系のカラーやマットのフレームが増えてきたので、ボトルケージもそれ系の色に対応してきています。

24.jpg 25.jpg
CRANKBROTHERS(クランクブラザーズ)の携帯工具は素晴らしい仕上がりですね!
ただしちょっと高いけど。。
でも逸品を長く使うにはいいと思います。
精度の高い錆びないステンレスビットに角度固定機構、一度手にしただけで良さが伝わります。

26.jpg 27.jpg
昨年Fi'zi;k(フィジーク)に新たに加わったモデルVOLTA(ヴォルタ)も継続です。
昨年初めて見たときは、なんだかのっぺりしたデザインだなー、と思っていたのですが、だんだん垢抜けて見えてきました(笑)
座面が丸いサドルが最近減ってきているので、実は貴重なアイテムかも。

28.jpg 29.jpg 30.jpg
アリオネ、アンタレス、アリアンテの三兄弟はもちろん継続。

31.jpg 32.jpg
フィジークのハンドルは軽さと剛性はなかなか良さそうです。
スネーク、カメレオン、ブルとあってリーチとドロップが異なります。
個人的には曲げ方も嫌いじゃないです。

33.jpg 34.jpg
CHALLENGE(チャレンジ)のタイヤは「特別軽い」という感じではないですが、非常にクッション性がよく、昔ながらの「しなやかさ」を感じられるので、実は結構好きです。
ブランドとして特徴がはっきりしていると思います。

あとシクロクロスタイヤに力を入れているのでも有名ですね。
この冬は私もチャレンジタイヤで雪道を走ろうかな。

35.jpg 36.jpg
エリートのこのローラー台、費用対効果が高い印象です。
さすがに回すとキーンと高音が出ますが、価格からしたら少なく、安定感も高いので、低価格帯のローラー台としてはかなり完成度が高いと思います。

37.jpg
さてやってまいりました。
オシャレビンディングシューズ、フィジークシューズのコーナー。
2015年度より、boaシステムを搭載した「Bシリーズ」が展開されています。

しかしこのboaシステム、従来のものから実は進化しています。。

38.jpg
なんと左右で逆巻になっており、左右対称の動きで締めることができるようになりました。(従来はどちらも時計回りで締めていたので、左右だと対称の動きになりませんでした。)

そしてもっと大きなトピックスとして、緩める方向への微調整機構もついています!
ワイヤーで均一なフィット感を得られるboaシステムですが、締める微調整はあっても緩める方はリリースのみだったので、この進化は大きいです!

最新のboaシステムをいち早く取り入れたフィジークシューズ、デザインだけでなく、オススメです。

ちなみにこちらはR3 B UOMO
¥31520(税抜)

39.jpg
従来のベルクロ&ラチェットのモデルも継続です。
こちらはカンガルーレザーを用いたトップモデルのR1 UOMO
¥45890(税抜)
boaシステムはフィット感は高いものの、決して剛性の高い素材感、締め具合は得られないので、トップモデルのR1ではあえてboaシステムモデルは出さなかったのだとか。

40.jpg 41.jpg
こちらはレディースモデル、R3 B DONNA
¥31520(税抜)
ホワイトにライトブルーのロゴが刺繍され、とってもエレガント。

42.jpg 43.jpg
44.jpg 45.jpg
従来のR3 UOMOとR3 DONNAも継続です。
しっかりとした締め具合が欲しい方にはコチラの方がオススメですね。

46.jpg 47.jpg 48.jpg
R5グレードにも、ちゃんとboaシステム採用モデルが用意されています。
R5 B UOMO
ブラック/ダークグレー、ホワイト/ライトグレーの2色展開
R5 B DONNA
アンスラサイト/ダークグレー
¥18880(税抜)

49.jpg
R5 Bシリーズのみ、カカトに反射材が使われています!
これはいい仕様ですね!
他のモデルも全部やればいいのになー。

50.jpg 51.jpg
こちらはMTBモデルのM3 B UOMO
¥31520(税抜)

52.jpg 53.jpg
MTBシューズもM5クラスからboaシステム搭載モデルを用意!
これがまた男女モデル共にカッコいい。
M5 B UOMO
ブラック/レッド
M5 B DONNA
アンスラサイト/ホワイト
¥22080(税抜)

54.jpg 55.jpg
トライアスロンモデルのKシリーズは特に変更なし。
この左右別色のレディースモデル、可愛いですね♪
しかし値段はかわいくない¥43820(税抜)
トップモデルなので仕方ない?


さて、ジャンルもブランドもさまざまですが、一気に紹介してまいりました!
新モデルがメインですが、既に入っているもの、継続品などもあります。
納期はブランドや商品によっても異なります。
詳しい情報が欲しい商品などございましたら、恐れ入りますが個別にお問い合わせください。