本日 155 人 - 昨日 503 人 - 累計 851629 人
RSS

新旧、EF DESiGN(イーエフデザイン)のジャージあります。

このところイベントブログも追いついておらず、商品紹介が少なくなりがちです。
申し訳ございません。
今季の春夏モノの衣類もポチポチ入荷しているのですが、あまりブログでは紹介できないうちに梅雨になってしまいました。
これから夏にかけて、少しでも紹介してゆければと思います。

さて、今回ご紹介するのはEF DESiGN(イーエフデザイン)です。
まだ国内ではあまり聞きなれないブランドかもしれませんが、VINI FANTINI-NIPPO-DE ROSAのチームへのジャージ供給もしていたオールイタリアンメイドのハイエンド・ウェアメーカーMS TINA(エムエスティナ)のサブブランドです。

そのエムエスティナの中でも最高レベルの機能と洗練されたデザインを集約させた、いわば「シマノの中のデュラエース」的な最高級ウェアブランドです。

01
最新のEF DESiGNのジャージ、R///111
上:¥18060(税抜)
下:¥19425(税抜)

アルカンシェルとも異なる、独特のラインが目を惹くジャージです。

02
メーカー側が「第二の皮膚」と表現するように、素材の伸縮性、使い分け、幅広の裾の造りなど、身体にピッタリとフィットしつつも局部的な圧迫をまるで感じさせない仕上がりになっています。
エアロダイナミクスに優れた、フラッグシップらしい造り込みです。

03 05
裏側も独特なデザインが目を惹きます。
写真からだと分かりにくいですが、センターとサイドでもカッティングだけでなく素材も変えてあります。

06
まるでエアロスーツのようなフィット感ながら、背面は透けるほどに通気性が確保されているのが分かります。

07 08 09
合わせるビブショーツも、非常にデザイン性の高いものになっています。
やはりエアロダイナミクスに優れたフィット感ながら、幅広く造られたビブや裾が局部的な圧迫をなくしています。
コールドブラック素材により、暑いシーズンでも高い体温調節機能も備えています。

10 11
特にこの裾の処理は秀逸です。
締め付けもせず、ずれないもしない、全体で吸い付くようなフィット感を実現しています。

14
背中にあたる部分はやはり透けるほどの通気性を確保。

上下とも、見て、触っていただければ、よりその造り込みの良さが伝わるかと思います。

15
表題の通り、EF DESiGNの昨年デザインのものも同時に並んでいます。
HI-TECH-111
上:¥17000(税抜)
下:¥18000(税抜)

→特価

最高級ブランドらしく、やはり機能性もデザインも抜かりのないものになっています。
今年のモデルよりも落ち着いたデザインで、オーソドックスなようでありながら、細かなところにエレガントさを感じる造りです。

17 18
やはり「第二の肌」という表現をされる通り、カッティングや伸縮性、裾の処理など、とてもエアロダイナミクスを意識した造り込みになっています。

20 21
バックデザインも落ちついたシックなデザイン。 
サイクルジャージとは思えない、とても大人な雰囲気を醸し出しています。

22 23 24
背中の黒い部分はやはり透けるほどの通気性をもたせている他、白い部分も肌を優しく包み込むような素材ながら、微細な穴が開けられており、エアロフィットながら熱がこもるのを防ぐようになっています。

25 26
合わせるビブショーツも、オーソドックスなデザインながら、ところどころにあるアクセントがジャージにぴったり合う高級感の漂うものに仕上がっています。

27
背面はアンダーウェアさながらの通気性・速乾性をもたせた造り。
コールドブラック素材と、「Domino」テクノロジーと呼ばれる、エアロフィットながら肌に直接触れる点を減らしているEF DESiGNの特殊加工により、夏季のロングライドでも快適性を高める工夫が散りばめられています。


EF DESiGNのウェアは最高級ブランドというだけあって安くはありませんが、その売り文句の通り、他ブランドでいうところのトップレンジにあたる造り込みのものばかりです。
そう考えると、決して高すぎるものではありません。
ぜひお手に取って、その造り込みの良さを実感していただければと思います。
ご来店お待ちしております!