自転車人の店 CROCERISTA 青梅駅から徒歩0分 http://crocerista.grupo.jp/ 青梅駅前の自転車店、クロチェリスタのホームページです。 ja 自転車人の店 CROCERISTA 青梅駅から徒歩0分 http://crocerista.grupo.jp/ 臨時休業のお知らせ http://crocerista.grupo.jp/blog/2326689 10/13(土)店主体調不良のため、臨時休業いたします。ご了承ください。また翌日10/14(日)に企画していたロングライドも中止とします。代わりに、10/14は通常営業予定です。また変更がある場合は、ブログ等でお知らせします。ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。 2018-10-13T12:53:00+09:00 10/13(土)店主体調不良のため、臨時休業いたします。ご了承ください。また翌日10/14(日)に企画していたロングライドも中止とします。代わりに、10/14は通常営業予定です。また変更がある場合は、ブログ等でお知らせします。ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。 営業時間短縮のお知らせ http://crocerista.grupo.jp/blog/2325964 本日10/12(金)、店主体調不良のため、19時で閉店いたします。ご了承ください。 2018-10-12T18:08:00+09:00 本日10/12(金)、店主体調不良のため、19時で閉店いたします。ご了承ください。 9/30(日)営業時間変更のお知らせ http://crocerista.grupo.jp/blog/2313645 台風の影響により、営業時間を19時閉店といたします。ご了承ください。 2018-09-30T18:30:00+09:00 台風の影響により、営業時間を19時閉店といたします。ご了承ください。 2018最速店長選手権を走ってきました http://crocerista.grupo.jp/blog/2311469 店内イベントは随時開催していますし、レースにも時々参戦してはいるのですが、なかなか商品紹介だけでも全然間に合っていないので、最近はすっかり走る系のブログを書いておりませんでしたが、、久々に走った系のブログを書きます。というのも、表題のレース、なかなかお客様や自転車業界の方にも関心が高いようですので(笑)昨年に縁あって読んでいただいてから今年で2回目の出場となりますが、雑誌「サイクルスポーツ」主催のレース「全日本最速店長選手権」に今年も呼んでもらえたので、頑張って走ってきました。会場は千葉県成田市にある下総フレンドリーパーク。1周1.5kmの周回を50周する、計75kmのレースです。ご存知の方も多いかもしれませんが、雑誌企画のちょっとしたネタレースから始まったらしいこのイベント、気が付けば元プロ選手や元オリンピック代表など、とんでもない怪物店長が多く出場するハイレベルなレースになっており、私のレベルでは出させてもらうのも恐縮なレベルの大会です。。そして80%ルールの採用。先頭の周回タイムから80%以上遅れた選手はその場でレースを降ろされてしまうため、完走するのも厳しいことで知られています。1周が短く、ハイスピードなので2分ちょい(130秒くらい)で回ってしまうので、100秒くらい先頭から遅れただけで足切りされてしまう計算になります。とはいえ、昨年はギリギリ完走できたので、なんとか今年も完走を目指して頑張ることにしました。まだ元気なスタート前。写真はクロチェリスタのジャージブランド「BIORACER」でもお世話になっているクランノートの和田さんに頂きました。ありがとうございました!今年の出走は44名、昨年と同じです。スタート前、、完走できるかメッチャ不安です。。いざレースが始まると、いきなりトップスピードです!複数のコーナーと僅かなアップダウンを含むコースを、40km/h以上で走り続けます。1周の中にある数少ない登りのポイントで、毎周のように加速!アタックも頻発するこの大会、ひたすら高速でインターバルを繰り返しているようなレース展開です。私もホビークラスとはいえレースは年に何戦か出ますが、コーナリング中もベタ踏みしていないと離されてしまうレースはこの大会だけだと思います。コーナリング中もペダリングを止められないので、必然的に高いバイクコントロール技術も求められます。そして今年から導入されたスプリントポイント。これがクセモノでした。10、20、30、40周ごとの先頭通過の3名にポイントが与えられ、最終的にポイントを多く獲得した選手にゴールの着順とは別のポイント賞ジャージが与えられるのですが、そのポイント獲得もあって10周ごとに大きくペースが上がるシーンがあります。そしてポイント周回が終わってもスピードが落ちないのもなんとなく想定済み。。その加速に乗じてアタックを試みる怪物店長たちが多く、集団は分裂。先頭は7,8名。これはヤバい!と思って3人で追走を仕掛けたのですが、最終的にはこれが判断ミスだった気がします。結局もともとあまり余裕のない私は、残り約40周も残して既に限界寸前まで追い込んでしまいました。しかもこの後、特別な追走をするまでもなく集団は元通り一つに戻りました(笑)余裕もないくせに、無駄足も使ってしまうという失態でした。それでもギリギリ息を整えながら、なんとか集団に食らいついて周回を重ねました。ちなみに上の写真はY'sRoad大宮店の野澤様よりいただきました!ありがとうございました!ギリギリの走りをしている私を、素晴らしいカメラマンテクニックでカッコよく撮ってくださいました。こうして息も絶え絶え、なんとか集団に食らいついて40周も超えたころ、レースはゴールに向けて更に加速!ギリギリの走りを続けていた店主ですが、ついに5周?6周?を残して集団から千切れました。昨年も残り10周ほどのところでやはり先頭集団からは切れてしまったのですが、昨年は7、8名くらい同時に切れてしまったのが幸いして、なんとか遅れた選手同士で協調しながらゴールを目指すことでギリギリ完走できました。しかし今年は単独切れ。。あと少しとはいえ、限界で千切れた単独の選手と、ゴールに向けてハイスピードを刻む集団の差は見る見る開いてゆきます。周囲からは見ず知らずの人からも「あと少しだから頑張れー!」と熱い声援をいただいたのですが、、結果、残り3周を残して無念の足切りとなってしまいました(T_T)優勝は見事二度目の優勝を果たしたエイジサイクルの岩島店長。おめでとうございます!あの怪物級店長の中でも、別格の走りを見せていました。かくいう店主はDNFでは一番上という微妙な結果。とはいえ、主催のサイクルスポーツのナカジさん曰く「必ずしも速いだけじゃなくて、何かやってくれそうな店長を呼んでいる」とのこと。ギリギリまで耐えていたのに残りたったの3周で足切りをされた私は、ある意味ドラマティックに散ってこの大会の厳しさを物語る役目を担ったはず!!と、勝手に納得しながらも、来年への雪辱を誓うのでした。(といっても勝つのはマジで無理そうなんで、完走するという雪辱なのですが)レース序盤、追走で脚を使ったとは書きましたが、実際に一緒に追走した他の店長の方々はしっかり完走しています。そしてあの場面、おそらく同じ場面にまた出会ったら、やはり追走すると思います(笑)あれがなければギリギリ完走できたかもしれませんが、なぜか後悔はしていません。多少は動いた上で完走はできるくらいに鍛え直したいと思います。参加された店長の皆様、主催のサイクルスポーツの皆様、お疲れさまでした!そして応援してくださった皆様、ありがとうございました!ぜひまた来年お会いしましょう!店主がサイスポさんに愛想尽かされて呼ばれないことがなければ、、(^^;) 2018-09-28T20:00:00+09:00 店内イベントは随時開催していますし、レースにも時々参戦してはいるのですが、なかなか商品紹介だけでも全然間に合っていないので、最近はすっかり走る系のブログを書いておりませんでしたが、、久々に走った系のブログを書きます。というのも、表題のレース、なかなかお客様や自転車業界の方にも関心が高いようですので(笑)昨年に縁あって読んでいただいてから今年で2回目の出場となりますが、雑誌「サイクルスポーツ」主催のレース「全日本最速店長選手権」に今年も呼んでもらえたので、頑張って走ってきました。会場は千葉県成田市にある下総フレンドリーパーク。1周1.5kmの周回を50周する、計75kmのレースです。ご存知の方も多いかもしれませんが、雑誌企画のちょっとしたネタレースから始まったらしいこのイベント、気が付けば元プロ選手や元オリンピック代表など、とんでもない怪物店長が多く出場するハイレベルなレースになっており、私のレベルでは出させてもらうのも恐縮なレベルの大会です。。そして80%ルールの採用。先頭の周回タイムから80%以上遅れた選手はその場でレースを降ろされてしまうため、完走するのも厳しいことで知られています。1周が短く、ハイスピードなので2分ちょい(130秒くらい)で回ってしまうので、100秒くらい先頭から遅れただけで足切りされてしまう計算になります。とはいえ、昨年はギリギリ完走できたので、なんとか今年も完走を目指して頑張ることにしました。まだ元気なスタート前。写真はクロチェリスタのジャージブランド「BIORACER」でもお世話になっているクランノートの和田さんに頂きました。ありがとうございました!今年の出走は44名、昨年と同じです。スタート前、、完走できるかメッチャ不安です。。いざレースが始まると、いきなりトップスピードです!複数のコーナーと僅かなアップダウンを含むコースを、40km/h以上で走り続けます。1周の中にある数少ない登りのポイントで、毎周のように加速!アタックも頻発するこの大会、ひたすら高速でインターバルを繰り返しているようなレース展開です。私もホビークラスとはいえレースは年に何戦か出ますが、コーナリング中もベタ踏みしていないと離されてしまうレースはこの大会だけだと思います。コーナリング中もペダリングを止められないので、必然的に高いバイクコントロール技術も求められます。そして今年から導入されたスプリントポイント。これがクセモノでした。10、20、30、40周ごとの先頭通過の3名にポイントが与えられ、最終的にポイントを多く獲得した選手にゴールの着順とは別のポイント賞ジャージが与えられるのですが、そのポイント獲得もあって10周ごとに大きくペースが上がるシーンがあります。そしてポイント周回が終わってもスピードが落ちないのもなんとなく想定済み。。その加速に乗じてアタックを試みる怪物店長たちが多く、集団は分裂。先頭は7,8名。これはヤバい!と思って3人で追走を仕掛けたのですが、最終的にはこれが判断ミスだった気がします。結局もともとあまり余裕のない私は、残り約40周も残して既に限界寸前まで追い込んでしまいました。しかもこの後、特別な追走をするまでもなく集団は元通り一つに戻りました(笑)余裕もないくせに、無駄足も使ってしまうという失態でした。それでもギリギリ息を整えながら、なんとか集団に食らいついて周回を重ねました。ちなみに上の写真はY'sRoad大宮店の野澤様よりいただきました!ありがとうございました!ギリギリの走りをしている私を、素晴らしいカメラマンテクニックでカッコよく撮ってくださいました。こうして息も絶え絶え、なんとか集団に食らいついて40周も超えたころ、レースはゴールに向けて更に加速!ギリギリの走りを続けていた店主ですが、ついに5周?6周?を残して集団から千切れました。昨年も残り10周ほどのところでやはり先頭集団からは切れてしまったのですが、昨年は7、8名くらい同時に切れてしまったのが幸いして、なんとか遅れた選手同士で協調しながらゴールを目指すことでギリギリ完走できました。しかし今年は単独切れ。。あと少しとはいえ、限界で千切れた単独の選手と、ゴールに向けてハイスピードを刻む集団の差は見る見る開いてゆきます。周囲からは見ず知らずの人からも「あと少しだから頑張れー!」と熱い声援をいただいたのですが、、結果、残り3周を残して無念の足切りとなってしまいました(T_T)優勝は見事二度目の優勝を果たしたエイジサイクルの岩島店長。おめでとうございます!あの怪物級店長の中でも、別格の走りを見せていました。かくいう店主はDNFでは一番上という微妙な結果。とはいえ、主催のサイクルスポーツのナカジさん曰く「必ずしも速いだけじゃなくて、何かやってくれそうな店長を呼んでいる」とのこと。ギリギリまで耐えていたのに残りたったの3周で足切りをされた私は、ある意味ドラマティックに散ってこの大会の厳しさを物語る役目を担ったはず!!と、勝手に納得しながらも、来年への雪辱を誓うのでした。(といっても勝つのはマジで無理そうなんで、完走するという雪辱なのですが)レース序盤、追走で脚を使ったとは書きましたが、実際に一緒に追走した他の店長の方々はしっかり完走しています。そしてあの場面、おそらく同じ場面にまた出会ったら、やはり追走すると思います(笑)あれがなければギリギリ完走できたかもしれませんが、なぜか後悔はしていません。多少は動いた上で完走はできるくらいに鍛え直したいと思います。参加された店長の皆様、主催のサイクルスポーツの皆様、お疲れさまでした!そして応援してくださった皆様、ありがとうございました!ぜひまた来年お会いしましょう!店主がサイスポさんに愛想尽かされて呼ばれないことがなければ、、(^^;) 超高機能ソックスDefeetの新作3モデル! http://crocerista.grupo.jp/blog/2307495 例によってブログが滞ってしまっており申し訳ございません。久々のブログですが、ちょっと気になる小物のご紹介です。というのも、クロチェリスタ一押しのソックスブランドDefeet(デフィート)から、久しぶりに意欲的な新モデルが3モデルもリリースされましたので、この機会にご紹介したいと思います。こちらが「EVOシリーズ」と呼ばれる新着3モデル。左からEVOCARBON¥3,300EVOMONTVENTOUX¥2,800EVOCLASSIQUE¥2,800となります。Defeetはサイクリングソックスの中では、抜群の履き心地と驚異的な耐久性という高性能な割には比較的低価格、と言ってよいアイテムが多かった印象ですが、この新モデル3種は上記の通りソックスとしてはかなりの高級品と言えると思います。その3種類、一体何が違うのかと言いますと、、以下に代理店さんから届いた説明分を転記します。EVOMONTVENTOUX:格子状に編まれたメッシュ素材で蒸れを抑え、フィット感を重視。EVOCLASSIQUE:クラシカルなリブパターン、薄く通気性に優れている。EVOCARBON:Defeetのソックスで最も薄く、軽いソックス。カーボン繊維をコアに編まれた特殊紡績糸を採用正直、あまりピンと来ないと思います(笑)というわけで、私なりに個別にご紹介したいと思います。まずは最も高額なEVOCARBON。カーボン繊維って言われても、フレームやパーツじゃあるまいし、、と思いませんか?実は私も以前は思っていました(笑)ただ一部の高級ウェアやアンダーウェアには、何年も前からカーボン繊維が使用されるようになっています。非常に軽く、高強度、そして静電気を抑え体内の電極バランスを整えることで、疲労軽減効果が期待できる、など、一部フラッグシップアパレルに採用されています。その疲労軽減効果までは、さすがに「必ず体感できる!」と自信をもってオススメできるほどではないと思うのですが、、ただ、私はカーボン繊維配合のビブショーツやアンダーウェアは既に使用していますが、着心地・耐久性ともに優れたアイテムであることは間違いない商品がほとんどです。そんなワケで、もともと履き心地抜群で驚異的な耐久性を誇るDefeetのカーボン繊維配合ソックスとくれば、やはり期待大なんですね~いざ触ってみると、代理店さんの説明の通り、まずとても薄い。それでいていかにも耐久性は高そうな素材感で、不思議な乾いた感触は速乾性の高さも伺わせます。EVOCARBONはブラック一色のみです。そしてこちらがツールドフランスの「魔の山」の名を関したEVOMONTVENTOUX(モン・ヴァントゥ)こちらも非常に薄く軽量ですが、格子状の編み目が通気性とクッション性を高めており、肌触りは最もソフトで心地のよい質感です。薄くて軽量で丈夫、しかし肌触りは抜群、いかにも従来のDefeetソックスの上位モデル、といった印象です。EVOMONTVENTOUXは鮮やかな4色展開です。3つ目の新モデルEVOCLASSIQUE名前の通り、クラシックなスッキリとしたデザインです。やはりとても薄く軽量に仕上がっています。縦に設けられたリブは近年流行のエアロジャージの肩素材に似ており、吸い付くように足にフィットし、走る意欲を高めてくれます。EVOCRASIQUEはオーソドックスなブラック、ホワイトに加えて、安全カラーのイエローの3色展開です。と、ここまでEVOシリーズ3足をご紹介してまいりましたが、やはり実際に使ってみないと分からないところもあるかと思います。欲しいけど一つに選択肢を絞れない!でもこんな高級なソックス3足も買えない!そんなご意見もあるかと思いまして、今回入荷の3足を貸出企画しちゃおうと思います!貸出期間は1週間、必ず洗濯してご返却をお願いします。レンタル料は500円とさせていただきますが、EVOシリーズのソックスをいずれか一足ご成約いただきましたら、レンタル料は無料にいたします。この機会にぜひDefeetの高級ソックスを試してみてください!今回はEVOシリーズだけでなく通常ソックスのニューカラーも入りましたので、そちらもピックアップしてご紹介します。通常のソックスも無地のものや単色のものなど大人しいものもあるのですが、せっかくなのでオモシロデザイン系のものをピックアップ(笑)HopsandBarley(ホップと大麦)なんかどこかの発泡酒で聞いたことがあるような(笑)ビール好きにはたまらないデザインソックス!Scoville「スコヴィル」というのは辛さの単位なのだそうです。辛さの単位を定めたアメリカのスコヴィル博士に由来するとのことで、いかにも辛そうな唐辛子の絵が描かれています。辛党にはたまらないデザインソックス!Fireflyファイアフライは英語で「蛍」の意。Defeetのロゴも淡い黄色で、蛍の舞う情緒的な夜を思わせるデザインソックスです。他にもDefeetのデザインソックス、多数店頭に並んでおります。Defeetのソックス、上記した通り、驚異的な耐久性を誇ります。。店主は練習からヘビロテで使用し、破けるまで使おうと思いましたが、7年ほど使用しても破ける気配すらなく、さすがにヘタリが出てきたので破けるまで使うのを断念して買い換えた覚えがあります。きっとお気に入りの一足が見つかるはず。新アイテムのEVOシリーズと合わせて、ぜひ店頭でDefeetのソックスをご覧ください! 2018-09-24T22:41:00+09:00 例によってブログが滞ってしまっており申し訳ございません。久々のブログですが、ちょっと気になる小物のご紹介です。というのも、クロチェリスタ一押しのソックスブランドDefeet(デフィート)から、久しぶりに意欲的な新モデルが3モデルもリリースされましたので、この機会にご紹介したいと思います。こちらが「EVOシリーズ」と呼ばれる新着3モデル。左からEVOCARBON¥3,300EVOMONTVENTOUX¥2,800EVOCLASSIQUE¥2,800となります。Defeetはサイクリングソックスの中では、抜群の履き心地と驚異的な耐久性という高性能な割には比較的低価格、と言ってよいアイテムが多かった印象ですが、この新モデル3種は上記の通りソックスとしてはかなりの高級品と言えると思います。その3種類、一体何が違うのかと言いますと、、以下に代理店さんから届いた説明分を転記します。EVOMONTVENTOUX:格子状に編まれたメッシュ素材で蒸れを抑え、フィット感を重視。EVOCLASSIQUE:クラシカルなリブパターン、薄く通気性に優れている。EVOCARBON:Defeetのソックスで最も薄く、軽いソックス。カーボン繊維をコアに編まれた特殊紡績糸を採用正直、あまりピンと来ないと思います(笑)というわけで、私なりに個別にご紹介したいと思います。まずは最も高額なEVOCARBON。カーボン繊維って言われても、フレームやパーツじゃあるまいし、、と思いませんか?実は私も以前は思っていました(笑)ただ一部の高級ウェアやアンダーウェアには、何年も前からカーボン繊維が使用されるようになっています。非常に軽く、高強度、そして静電気を抑え体内の電極バランスを整えることで、疲労軽減効果が期待できる、など、一部フラッグシップアパレルに採用されています。その疲労軽減効果までは、さすがに「必ず体感できる!」と自信をもってオススメできるほどではないと思うのですが、、ただ、私はカーボン繊維配合のビブショーツやアンダーウェアは既に使用していますが、着心地・耐久性ともに優れたアイテムであることは間違いない商品がほとんどです。そんなワケで、もともと履き心地抜群で驚異的な耐久性を誇るDefeetのカーボン繊維配合ソックスとくれば、やはり期待大なんですね~いざ触ってみると、代理店さんの説明の通り、まずとても薄い。それでいていかにも耐久性は高そうな素材感で、不思議な乾いた感触は速乾性の高さも伺わせます。EVOCARBONはブラック一色のみです。そしてこちらがツールドフランスの「魔の山」の名を関したEVOMONTVENTOUX(モン・ヴァントゥ)こちらも非常に薄く軽量ですが、格子状の編み目が通気性とクッション性を高めており、肌触りは最もソフトで心地のよい質感です。薄くて軽量で丈夫、しかし肌触りは抜群、いかにも従来のDefeetソックスの上位モデル、といった印象です。EVOMONTVENTOUXは鮮やかな4色展開です。3つ目の新モデルEVOCLASSIQUE名前の通り、クラシックなスッキリとしたデザインです。やはりとても薄く軽量に仕上がっています。縦に設けられたリブは近年流行のエアロジャージの肩素材に似ており、吸い付くように足にフィットし、走る意欲を高めてくれます。EVOCRASIQUEはオーソドックスなブラック、ホワイトに加えて、安全カラーのイエローの3色展開です。と、ここまでEVOシリーズ3足をご紹介してまいりましたが、やはり実際に使ってみないと分からないところもあるかと思います。欲しいけど一つに選択肢を絞れない!でもこんな高級なソックス3足も買えない!そんなご意見もあるかと思いまして、今回入荷の3足を貸出企画しちゃおうと思います!貸出期間は1週間、必ず洗濯してご返却をお願いします。レンタル料は500円とさせていただきますが、EVOシリーズのソックスをいずれか一足ご成約いただきましたら、レンタル料は無料にいたします。この機会にぜひDefeetの高級ソックスを試してみてください!今回はEVOシリーズだけでなく通常ソックスのニューカラーも入りましたので、そちらもピックアップしてご紹介します。通常のソックスも無地のものや単色のものなど大人しいものもあるのですが、せっかくなのでオモシロデザイン系のものをピックアップ(笑)HopsandBarley(ホップと大麦)なんかどこかの発泡酒で聞いたことがあるような(笑)ビール好きにはたまらないデザインソックス!Scoville「スコヴィル」というのは辛さの単位なのだそうです。辛さの単位を定めたアメリカのスコヴィル博士に由来するとのことで、いかにも辛そうな唐辛子の絵が描かれています。辛党にはたまらないデザインソックス!Fireflyファイアフライは英語で「蛍」の意。Defeetのロゴも淡い黄色で、蛍の舞う情緒的な夜を思わせるデザインソックスです。他にもDefeetのデザインソックス、多数店頭に並んでおります。Defeetのソックス、上記した通り、驚異的な耐久性を誇ります。。店主は練習からヘビロテで使用し、破けるまで使おうと思いましたが、7年ほど使用しても破ける気配すらなく、さすがにヘタリが出てきたので破けるまで使うのを断念して買い換えた覚えがあります。きっとお気に入りの一足が見つかるはず。新アイテムのEVOシリーズと合わせて、ぜひ店頭でDefeetのソックスをご覧ください! Wilier2019モデルが早期受注受け付け中! http://crocerista.grupo.jp/blog/2275223 先日、来季ウェアのブログでも少し触れましたが、Wilier(ウィリエール)の2019モデルが早期受注を受付中です。8/31まで早期受注特典として、5%お値引き、もしくは10%のパーツサービスをいたします。早期受注のみのお得なパッケージの完成車などもあります。グランツールでも活躍している新モデルCENTO10PRO(チェントディエチプロ)超軽量ながらスプリントもこなす生粋のレーシングモデルZero7(ゼロセッテ)すっかりフラッグシップとして定番のロングセラーモデルですが、軽い山岳だけのモデルではない性能が、最近再注目されているようです。そのZero7を上回るほどの運動性能ながら、なぜか乗り心地まで異常に良い、まさしくプレミアムなモデルZero6(ゼロセーイ)も継続です。エンデュランス性能と高いレース性能をバランスよくもつCENTO1NDR(チェントウノエヌディーアール)一台でキャリパーブレーキ、ディスクブレーキのどちらにも対応している、懐の深いマルチな性能のありがたいフレームです。フル60Tカーボンを用いた、レーサーも満足な性能のグラベルロード、JENA(ジェナ)アルミのド定番montegrappa(モンテグラッパ)や入門カーボンのド定番GTR(グランツーリズモアール)にもディスクブレーキモデルが出ており、グラベル系モデルやディスクブレーキへの関心の高さが伺えます。そしてちゃんとレース性能も考えたクロモリモデルにも力を入れているあたりがウィリエールらしいです。細身なクロモリならなんでもいい、というわけではない方にオススメしたいです。新モデル、継続モデル含め、早期受注のみの特典ありモデルが多数あります。上記の通り、早期受注特典は8/31までのご成約となります。ここで紹介しきれていないフレームも多数あります。各モデルの詳細はお気軽にお尋ねください! 2018-08-23T19:47:00+09:00 先日、来季ウェアのブログでも少し触れましたが、Wilier(ウィリエール)の2019モデルが早期受注を受付中です。8/31まで早期受注特典として、5%お値引き、もしくは10%のパーツサービスをいたします。早期受注のみのお得なパッケージの完成車などもあります。グランツールでも活躍している新モデルCENTO10PRO(チェントディエチプロ)超軽量ながらスプリントもこなす生粋のレーシングモデルZero7(ゼロセッテ)すっかりフラッグシップとして定番のロングセラーモデルですが、軽い山岳だけのモデルではない性能が、最近再注目されているようです。そのZero7を上回るほどの運動性能ながら、なぜか乗り心地まで異常に良い、まさしくプレミアムなモデルZero6(ゼロセーイ)も継続です。エンデュランス性能と高いレース性能をバランスよくもつCENTO1NDR(チェントウノエヌディーアール)一台でキャリパーブレーキ、ディスクブレーキのどちらにも対応している、懐の深いマルチな性能のありがたいフレームです。フル60Tカーボンを用いた、レーサーも満足な性能のグラベルロード、JENA(ジェナ)アルミのド定番montegrappa(モンテグラッパ)や入門カーボンのド定番GTR(グランツーリズモアール)にもディスクブレーキモデルが出ており、グラベル系モデルやディスクブレーキへの関心の高さが伺えます。そしてちゃんとレース性能も考えたクロモリモデルにも力を入れているあたりがウィリエールらしいです。細身なクロモリならなんでもいい、というわけではない方にオススメしたいです。新モデル、継続モデル含め、早期受注のみの特典ありモデルが多数あります。上記の通り、早期受注特典は8/31までのご成約となります。ここで紹介しきれていないフレームも多数あります。各モデルの詳細はお気軽にお尋ねください! 来季ウェア、予約受付中です。 http://crocerista.grupo.jp/blog/2270243 最近作業が途切れることがなく、ブログがずっと滞っておりました。。いつも見てくださっている皆様、申し訳ございません。ちょうど来春物のアパレル類が数多く予約受付中なので、久しぶりの投稿です。ブランドによって割引はあったりなかったりですが、早期受注でしか買えないものもありますので(特に海外ブランド製品)ぜひこの機会にご予約、お待ちしております。メッセンジャー御用達、オシャレで丈夫なデイリーユースなサイクリングアパレルブランドCHROMEアパレル類、カバン、シューズ等、全アイテムがご予約いただけます。8/22まで早期受注特典として、5%お引きします。シューズブランドとして知られるNORTHWAVEですが、ポップな柄のアパレルも多く取り揃えています。受注発注のアイテムも多いので、ぜひこの機会に!8/28まで早期受注特典として、5%お引きします。クロチェリスタ一押しの超高機能アンダーウェアブランドOutwetから、来季はメインのジャージ類もリリースされます。クリテリウムレースのオフィシャルサプライヤーにもなっていることもあり、目を惹くデザインのものが多くあります。メインのアンダーウェアと合わせて予約受付中です。8/31まで早期受注特典として、10%お引きします。こちらもクロチェリスタ一押し、大人気のLintamanのシューズ。ニューカラーが少しあるものの、ラインナップにはほぼ変更なし。8/31まで早期受注特典として、5%お引きします。今までから大きくコンセプトを変えた新たなラインナップも並ぶPEARLIZUMI8/31まで早期受注特典として、5%お引きします。毎年メインのウェアから小物に至るまで、数多くの高品質でリーズナブルなアイテムを数多くリリースしているSPORTFUL9/13まで早期受注特典として、5%お引きします。大きなレースのオフィシャルサプライヤーになることも多いSANTINIの通常ラインナップも予約受付中です。ほとんどのアイテムが予約分のみの入荷となりますので、ぜひこの機会にご検討ください。9/30まで早期受注特典として、5%お引きします。価格・品質・デザイン性、ついでにレア度?毎年クロチェリスタで一番人気のNALINIオススメ度の高いアイテムですが、早期受注意外の追加発注は一切できないので、ぜひ期間内にご検討ください!9/30まで早期受注特典として、5%お引きします。同じくNALINIが毎年リリースしているNALINI(Bianchi)も同様に早期受注のみの受付となります。9/30まで早期受注特典として、5%お引きします。ちなみにアパレルではないので、別のブログを書こうかと思っていますが、Wilierの自転車も早期受注割引を受け付け中です!こちらもぜひ!8/31まで早期受注特典として、5%お値引き、もしくは10%のパーツサービスをいたします。早期受注のみのお得なパッケージの完成車などもあります。ブログが書けないでいるうちに、CASTELLIlecoqsportifrh+CRAFTの早期受注時期は終わってしまいました~すみません~!とはいえ、今からでも注文可能なものもありますので、お気軽にお尋ねください!予約受付中の各ブランドの詳しいカタログ、画像等は店頭にあります。皆さまのご来店をお待ちしております! 2018-08-21T17:03:00+09:00 最近作業が途切れることがなく、ブログがずっと滞っておりました。。いつも見てくださっている皆様、申し訳ございません。ちょうど来春物のアパレル類が数多く予約受付中なので、久しぶりの投稿です。ブランドによって割引はあったりなかったりですが、早期受注でしか買えないものもありますので(特に海外ブランド製品)ぜひこの機会にご予約、お待ちしております。メッセンジャー御用達、オシャレで丈夫なデイリーユースなサイクリングアパレルブランドCHROMEアパレル類、カバン、シューズ等、全アイテムがご予約いただけます。8/22まで早期受注特典として、5%お引きします。シューズブランドとして知られるNORTHWAVEですが、ポップな柄のアパレルも多く取り揃えています。受注発注のアイテムも多いので、ぜひこの機会に!8/28まで早期受注特典として、5%お引きします。クロチェリスタ一押しの超高機能アンダーウェアブランドOutwetから、来季はメインのジャージ類もリリースされます。クリテリウムレースのオフィシャルサプライヤーにもなっていることもあり、目を惹くデザインのものが多くあります。メインのアンダーウェアと合わせて予約受付中です。8/31まで早期受注特典として、10%お引きします。こちらもクロチェリスタ一押し、大人気のLintamanのシューズ。ニューカラーが少しあるものの、ラインナップにはほぼ変更なし。8/31まで早期受注特典として、5%お引きします。今までから大きくコンセプトを変えた新たなラインナップも並ぶPEARLIZUMI8/31まで早期受注特典として、5%お引きします。毎年メインのウェアから小物に至るまで、数多くの高品質でリーズナブルなアイテムを数多くリリースしているSPORTFUL9/13まで早期受注特典として、5%お引きします。大きなレースのオフィシャルサプライヤーになることも多いSANTINIの通常ラインナップも予約受付中です。ほとんどのアイテムが予約分のみの入荷となりますので、ぜひこの機会にご検討ください。9/30まで早期受注特典として、5%お引きします。価格・品質・デザイン性、ついでにレア度?毎年クロチェリスタで一番人気のNALINIオススメ度の高いアイテムですが、早期受注意外の追加発注は一切できないので、ぜひ期間内にご検討ください!9/30まで早期受注特典として、5%お引きします。同じくNALINIが毎年リリースしているNALINI(Bianchi)も同様に早期受注のみの受付となります。9/30まで早期受注特典として、5%お引きします。ちなみにアパレルではないので、別のブログを書こうかと思っていますが、Wilierの自転車も早期受注割引を受け付け中です!こちらもぜひ!8/31まで早期受注特典として、5%お値引き、もしくは10%のパーツサービスをいたします。早期受注のみのお得なパッケージの完成車などもあります。ブログが書けないでいるうちに、CASTELLIlecoqsportifrh+CRAFTの早期受注時期は終わってしまいました~すみません~!とはいえ、今からでも注文可能なものもありますので、お気軽にお尋ねください!予約受付中の各ブランドの詳しいカタログ、画像等は店頭にあります。皆さまのご来店をお待ちしております! (重要)営業時間変更のお知らせ http://crocerista.grupo.jp/blog/2153392 開店から5年と少し、定休日と営業時間を変えずにきたクロチェリスタですが、この度少し営業時間を変更することにしました。定休日:毎週水曜日で変更なし営業時間:平日12:00~20:00土日祝13:00~20:00(←変更点)ゴールデンウィークの連休中は、今まで通り12:00開店で営業します。5/12(土)より営業時間変更となります。今回の変更は土日祝日のサイクリングイベント等でできることを拡充するのが主な目的です。サイクリングが中止になったり早めに終わったりした日は、従来通り12時からだったり、13時より前から開店する予定です。土日祝でもイベントのない日は、従来通り午前中も納車作業やポジション相談も受け付けますので、お気軽にご相談ください。忙しくてイベントが開催できなくなることもありますが、自転車を売るだけでなく、乗り方や楽しみ方の案内に全力を注ぐのがクロチェリスタのモットーですので、できる限り練習会やサイクリングイベントも開催してゆきたいと思います。今後ともクロチェリスタを宜しくお願いいたします! 2018-05-01T18:36:00+09:00 開店から5年と少し、定休日と営業時間を変えずにきたクロチェリスタですが、この度少し営業時間を変更することにしました。定休日:毎週水曜日で変更なし営業時間:平日12:00~20:00土日祝13:00~20:00(←変更点)ゴールデンウィークの連休中は、今まで通り12:00開店で営業します。5/12(土)より営業時間変更となります。今回の変更は土日祝日のサイクリングイベント等でできることを拡充するのが主な目的です。サイクリングが中止になったり早めに終わったりした日は、従来通り12時からだったり、13時より前から開店する予定です。土日祝でもイベントのない日は、従来通り午前中も納車作業やポジション相談も受け付けますので、お気軽にご相談ください。忙しくてイベントが開催できなくなることもありますが、自転車を売るだけでなく、乗り方や楽しみ方の案内に全力を注ぐのがクロチェリスタのモットーですので、できる限り練習会やサイクリングイベントも開催してゆきたいと思います。今後ともクロチェリスタを宜しくお願いいたします! NALINI(ナリーニ)の新着ジャージが入荷しました。 http://crocerista.grupo.jp/blog/2152304 先日、秋冬物のジャージ予約の記事を書いたばかりですが、今回はタイムリーなNALINI(ナリーニ)の春夏物が入荷しました。どれも少数なのですが、おもしろいアイテムが多いので、せっかくなのでご紹介します。こちらはNALINIのトップモデルに分類されるBLACKLABELのジャージ。税別13,800円幾何学模様のような独特なデザインが目を惹くジャージですが、レースフィットの本気ジャージです。サイドは腰から脇、袖にかけて一筋のメッシュパネルがあり、タイトフィットながらきつくなり過ぎず、通気性も高めています。背面は3ポケットと合わせて隠しジップになったポケットがもう一つ。ジップのポケットは防水素材でできているので、汗で濡らしたくないものの収納に向いています。毎回人気のファッション的なデザイン性とレースにも使える機能性を融合させたBLUELABELのジャージ。税別10,500円身頃から袖にかけての自転車パーツ柄がカッコいいです。バックポケットはブラックレーベル同様の防水隠しポケット付きの4ポケット仕様。袖は切りっぱなしのソフトな肌触り。全体的に非常に柔らかい素材で造られており、とても着心地がいいです。素材感が柔らかい分、着心地がソフトなだけで、レギュラーフィットとはなっていますが、レースフィットのブラックレーベルと遜色ないくらいピッタリとフィットします。こちらは柄違い。肩回りのサメちゃんが別にかわいく描かれていないところが、逆にかわいらしい(笑)質感や造りは、上記の自転車パーツデザインのジャージと同様です。同じくブルーレーベルのジャージですが、こちらは素材感がだいぶ異なるジャージです。税別12,800円全面から袖にかけてはウール素材が混入されており、独特な乾いた感触が心地のよい仕上がりになっています。かすれた色合いが普段着にも使えそうなオシャレ感があります。同じレギュラーフィットという表記ですが、こちらの方がゆったりとしたフィット感になっています。背面は他のブルーレーベルと同様のソフト素材。ポケットはオーソドックスな3ポケット仕様です。女性用のPINKLABEL税別9,300円身頃から肩回りに描かれた水彩画のような花柄が、花柄ながらかわいくなり過ぎず大人な女性向けの印象です。素材やカット、背中のポケットの仕様も、ほぼ上記ブルーレーベルのソフトジャージの女性版といった造りです。デザインだけでなく性能も高く、それでいてこの価格はとても安いです。こちらはピンクレーベルの中でもミッドシーズンに使いやすい薄手の長袖ジャージ。税別14,000円ラインと格子が混ざった、シンプルながらも目を惹く配色のジャージです。薄手な素材ながらわずかに起毛しており、密に編んでいることもあって、春や秋口の少し肌寒い朝晩などに重宝しそうです。そして自転車ジャージには珍しく、フードが付いています。自転車を降りた後や、普段使いにも便利そうですね。袖口には指を通す穴があり、隙間なく腕を覆うことができます。フードは身頃からジップが一体で通っているので、開け具合を調節できます。首回りなどの体温調節がしやすそうで、単純なようですが工夫の効いた造りですね!こんなのも入れてみました。メッシュ素材で速乾性の高いキャップです。税別2,300円薄手でヘルメットインナーにも最適。ジャージともピッタリのデザインですね。こちらはサメちゃんだけでなくフラミンゴも入荷してみました♪キャップだけでもワンポイントアイテムとして使いやすいと思います。珍しくインナーウェアも入れてみました。税別4,000円ブラックレーベルジャージ同様のデザイン入りインナー。こんなデザイン性の高いインナーもあまりないですし、しかも意外と安かったので、ちょっと試しに入荷してみたのですが、これが値段以上にものもよさそうです。ポリプロピレンで編まれたインナーは速乾性も高く、縫い目なしの一枚立体構造で、肌触りもフィット感も抜群。これは隠れた名品かもしれません。と、いろいろご紹介してきましたが、例年通りナリーニは受注発注の再入荷なしなので、売り切れ次第終了です。店頭に入荷したのはどれもごく少数なので、もしピンとくるものがありましたらお早めに! 2018-04-30T20:43:00+09:00 先日、秋冬物のジャージ予約の記事を書いたばかりですが、今回はタイムリーなNALINI(ナリーニ)の春夏物が入荷しました。どれも少数なのですが、おもしろいアイテムが多いので、せっかくなのでご紹介します。こちらはNALINIのトップモデルに分類されるBLACKLABELのジャージ。税別13,800円幾何学模様のような独特なデザインが目を惹くジャージですが、レースフィットの本気ジャージです。サイドは腰から脇、袖にかけて一筋のメッシュパネルがあり、タイトフィットながらきつくなり過ぎず、通気性も高めています。背面は3ポケットと合わせて隠しジップになったポケットがもう一つ。ジップのポケットは防水素材でできているので、汗で濡らしたくないものの収納に向いています。毎回人気のファッション的なデザイン性とレースにも使える機能性を融合させたBLUELABELのジャージ。税別10,500円身頃から袖にかけての自転車パーツ柄がカッコいいです。バックポケットはブラックレーベル同様の防水隠しポケット付きの4ポケット仕様。袖は切りっぱなしのソフトな肌触り。全体的に非常に柔らかい素材で造られており、とても着心地がいいです。素材感が柔らかい分、着心地がソフトなだけで、レギュラーフィットとはなっていますが、レースフィットのブラックレーベルと遜色ないくらいピッタリとフィットします。こちらは柄違い。肩回りのサメちゃんが別にかわいく描かれていないところが、逆にかわいらしい(笑)質感や造りは、上記の自転車パーツデザインのジャージと同様です。同じくブルーレーベルのジャージですが、こちらは素材感がだいぶ異なるジャージです。税別12,800円全面から袖にかけてはウール素材が混入されており、独特な乾いた感触が心地のよい仕上がりになっています。かすれた色合いが普段着にも使えそうなオシャレ感があります。同じレギュラーフィットという表記ですが、こちらの方がゆったりとしたフィット感になっています。背面は他のブルーレーベルと同様のソフト素材。ポケットはオーソドックスな3ポケット仕様です。女性用のPINKLABEL税別9,300円身頃から肩回りに描かれた水彩画のような花柄が、花柄ながらかわいくなり過ぎず大人な女性向けの印象です。素材やカット、背中のポケットの仕様も、ほぼ上記ブルーレーベルのソフトジャージの女性版といった造りです。デザインだけでなく性能も高く、それでいてこの価格はとても安いです。こちらはピンクレーベルの中でもミッドシーズンに使いやすい薄手の長袖ジャージ。税別14,000円ラインと格子が混ざった、シンプルながらも目を惹く配色のジャージです。薄手な素材ながらわずかに起毛しており、密に編んでいることもあって、春や秋口の少し肌寒い朝晩などに重宝しそうです。そして自転車ジャージには珍しく、フードが付いています。自転車を降りた後や、普段使いにも便利そうですね。袖口には指を通す穴があり、隙間なく腕を覆うことができます。フードは身頃からジップが一体で通っているので、開け具合を調節できます。首回りなどの体温調節がしやすそうで、単純なようですが工夫の効いた造りですね!こんなのも入れてみました。メッシュ素材で速乾性の高いキャップです。税別2,300円薄手でヘルメットインナーにも最適。ジャージともピッタリのデザインですね。こちらはサメちゃんだけでなくフラミンゴも入荷してみました♪キャップだけでもワンポイントアイテムとして使いやすいと思います。珍しくインナーウェアも入れてみました。税別4,000円ブラックレーベルジャージ同様のデザイン入りインナー。こんなデザイン性の高いインナーもあまりないですし、しかも意外と安かったので、ちょっと試しに入荷してみたのですが、これが値段以上にものもよさそうです。ポリプロピレンで編まれたインナーは速乾性も高く、縫い目なしの一枚立体構造で、肌触りもフィット感も抜群。これは隠れた名品かもしれません。と、いろいろご紹介してきましたが、例年通りナリーニは受注発注の再入荷なしなので、売り切れ次第終了です。店頭に入荷したのはどれもごく少数なので、もしピンとくるものがありましたらお早めに! BREEZER(ブリーザー)の取り扱い開始&試乗車あります! http://crocerista.grupo.jp/blog/2148563 久々に新たな自転車ブランドの取り扱いを開始しました。BREEZER(ブリーザー)昨年の展示会でちょっと気になっていたブランドではあるのですが、取扱いにあたりちょっとご紹介したいと思います。ブリーザーの名前は、いわゆる「マウンテンバイクブーム」の頃に本格的にMTBに乗っていた方は知っている方も多いかもしれません。ブリーザーは1977年にJOEBREEZEが創業したオフロードバイクメーカーです。当時改造車ばかりだったダウンヒルレースに、JOEが開発した世界初のオフロードレース用バイクに自身が跨って参加し、見事優勝するという華々しいデビューを果たしたブランドです。世界初のドロッパーシートポストを設計したりと、まさしくMTBメーカーのパイオニアと言えるでしょう。ブリーザーは必ずしも最新の高級素材を用いずとも、人間工学的なデザインを研究することで快適性と推進力のあるバイクを造ることができる、としており、ラインナップは全てクロモリで、価格もかなり抑えられています。そんな現在のブリーザーが力を入れているジャンルが「アドベンチャー」ラインナップはシンプルなものの、MTBだけでなく、好奇心をくすぐるグラベルロードやツーリングバイクをリリースしています。先日お客様よりご注文があり、早速1台組上げて納車しました。アドベンチャーバイクにはボトルケージ台座が5ヶ所あり、もちろん前後キャリアにも対応。旅に出たくなること間違いなしです。そんなBREEZER、新規取り扱いを記念して?メーカーさんが試乗車を持ってきてくれました。ツーリングバイクのハイエンド「RADARPRO(レイダープロ)」と、グラベルロードとツーリングバイクの中間を狙った「DOPPLERPRO(ドップラープロ)」の2台、現在店頭にて試乗可能です!RADARPROは700x45のブロックタイヤで、悪路にもバッチリ対応。DOPPLERPROは650x47のハイボリュームスリックタイヤに、美しいステンレスフェンダーが付いています。こちらはフレームの展示のみなのですが、グラベルロードの「INVERSION(インヴァージョン)」も店頭にてご覧いただけます。試乗車はこの大型連休最終日の5/6(日)まで試乗可能です。高品質でカッコいい旅チャリにご興味のある方、ぜひこの機会にBREEZERBIKEに乗ってみてください! 2018-04-27T20:02:00+09:00 久々に新たな自転車ブランドの取り扱いを開始しました。BREEZER(ブリーザー)昨年の展示会でちょっと気になっていたブランドではあるのですが、取扱いにあたりちょっとご紹介したいと思います。ブリーザーの名前は、いわゆる「マウンテンバイクブーム」の頃に本格的にMTBに乗っていた方は知っている方も多いかもしれません。ブリーザーは1977年にJOEBREEZEが創業したオフロードバイクメーカーです。当時改造車ばかりだったダウンヒルレースに、JOEが開発した世界初のオフロードレース用バイクに自身が跨って参加し、見事優勝するという華々しいデビューを果たしたブランドです。世界初のドロッパーシートポストを設計したりと、まさしくMTBメーカーのパイオニアと言えるでしょう。ブリーザーは必ずしも最新の高級素材を用いずとも、人間工学的なデザインを研究することで快適性と推進力のあるバイクを造ることができる、としており、ラインナップは全てクロモリで、価格もかなり抑えられています。そんな現在のブリーザーが力を入れているジャンルが「アドベンチャー」ラインナップはシンプルなものの、MTBだけでなく、好奇心をくすぐるグラベルロードやツーリングバイクをリリースしています。先日お客様よりご注文があり、早速1台組上げて納車しました。アドベンチャーバイクにはボトルケージ台座が5ヶ所あり、もちろん前後キャリアにも対応。旅に出たくなること間違いなしです。そんなBREEZER、新規取り扱いを記念して?メーカーさんが試乗車を持ってきてくれました。ツーリングバイクのハイエンド「RADARPRO(レイダープロ)」と、グラベルロードとツーリングバイクの中間を狙った「DOPPLERPRO(ドップラープロ)」の2台、現在店頭にて試乗可能です!RADARPROは700x45のブロックタイヤで、悪路にもバッチリ対応。DOPPLERPROは650x47のハイボリュームスリックタイヤに、美しいステンレスフェンダーが付いています。こちらはフレームの展示のみなのですが、グラベルロードの「INVERSION(インヴァージョン)」も店頭にてご覧いただけます。試乗車はこの大型連休最終日の5/6(日)まで試乗可能です。高品質でカッコいい旅チャリにご興味のある方、ぜひこの機会にBREEZERBIKEに乗ってみてください!