本日 135 人 - 昨日 439 人 - 累計 1110384 人
RSS
新店への移転前後からだいぶ練習もさぼり気味で弱体化している店主ですが(^^;)

今回ご紹介するアイテムは日々トレーニングに余念のないお客様に是非オススメしたいアイテムです。

01
日本発のボディケア用品ブランドPalourde(パルード)からリリースされた、ボディケアスプレーです。

SPARK U Total Body Care “Spray”
SPARK U Total Body Care “Beyond”


Sprayは運動の前に、Beyondは運動後に使用します。

02
Sprayは筋肉に馴染ませるとメーカーさん曰く「筋肉を7~8%」ほぐす効果があり、血流の促進、活性酸素の除去など、パフォーマンスアップに効果が見込めるというアイテムです。

03
Beyondは同じく筋肉に馴染ませると同社比で「筋肉を約20%」ほぐす効果があります。
筋肉のリラックス効果が強すぎるので、運動前には使わない方がいいとメーカーの担当者さんも注意するほど。


店主は両方とも使っていますが、正直なところSprayは「ちょっと効いてる気がする~」位な感じです(メーカーさん、すみません。)

ただ、Beyondはマジで効きます!
練習で追い込んだり、いつもなら筋肉痛になるくらいの筋トレを行ったりした後に筋肉に塗り込みましたが、翌日の筋疲労や筋肉痛の影響が少なく、全く残らないということ日も何度かありました。

Beyondの弱点は燻製?漢方薬?みたいな妙な香りがすること(笑)
苦手な人は苦手かも。
なんとメーカーの担当者さんも苦手なのだとか(笑)

04
SprayとBeyondの中間“Form”もあります。
メーカー比で「約12%」のほぐし効果とのことですが、やはり運動前にはほぐれ過ぎてしまうので運動後がベターとのことです。

個人的にはビヨンドの匂いが気にならないので
“運動前→Spray”&“運動後→Beyond”の組み合わせで使っていますが、
Beyondの香りが苦手な方は運動後をFormにしてもよいかもしれません。




練習の内容も重要ですが、運動の質や回復を促すことでより練習効果は高まります。
使用感など、気になる方はお気軽に店頭にてお尋ねください!

既にご存知の方も多いかもしれませんが、東京発のハイセンスサイクルウェアPANDANI(パンダーニ)をクロチェリスタ新店舗にて新規取り扱いを始めました!

メーカーさんのページはコチラ

01
パンダーニといえば、細部まで造り込まれた特徴的なデザイン。
ご存知の方なら、パッと見ただけで「あっ!パンダーニだ!」とお分かりになる方も多いでしょう。

こちらは現行デザインで個人的に一番好みの「Reckless」
Recklessには「無謀」や「無鉄砲」という意味の和訳が多く出ますが、Google翻訳だと「猪突猛進」というのが出るのも、亥年の私にはちょっとしたツボ(笑)

02
背面も実に細かくデザインされています。
よくこれだけのデザインが思いつくなぁ、と感心しちゃいます。

03 04
05 06
このデザイン性、一見するとアーバンライド用の緩めフィットなジャージに見えるかもしれませんが、実は性能はレーサー御用達なもの。
エアロ生地やメッシュ生地を適材適所に合わせることで、ピッタリとフィットしつつ快適性も確保しています。

07 08
合わせるビブショーツにも緻密なデザインが施されています。
実際にはジャージで隠れてしまう箇所にまで、抜かりありません。

09 10
そして今回のシリーズに共通している特徴なのですが、両腿にポケットが付いています。
近年のグラベル系のショーツによく見られる工夫ですが、片側はあっても両側についているものは珍しいです。
これが使ってみると結構便利♪

11 12
13 14
Recklessデザイン、ホワイトのジャージもあります。
合わせるビブショーツはグレーで共通です。

また、こちらのジャージはユニセックスモデルとなっており、ジャージはXXSサイズから展開されています。
女性の方にもオススメ絵文字

24 25
26 27
下は女性専用デザインのパンツがあります。
パンダーニこだわりのショート丈。
かわいらしさ、動きやすさ、脚長効果と、いくつもの狙いがあるのだそう。
そして、やっぱりポケットが付いています。

15 16
「Flandoro~Pabaix」
メーカーさん曰く、「とんでもなく泥々になってんのに笑ってる時の」ジャージだそう(笑)
Recless同様のエアロフィットで、性能的にはロードシーンでもバッチリですが、シクロクロスやMTBにもピッタリのデザインですね。

17 18
こちらも実に細かなところまでデザインされています。
単純に泥々デザインという訳でもありませんね~

19 20
合わせるビブショーツもやっぱり泥々デザイン。
やはりジャージで隠れてしまう箇所までデザインされています。

21 22
雨の日や悪路で汚れても分からなそうです(笑)

23
裾は最近すっかり定番となった幅広フィットのグリッパーで、肌に優しくフィットします。


28
こちらはパッドなし、女性用のレイヤードパンツ。
スカートもいいけど、パンツルックを推しているパンダーニらしいアイテムです。
パッド付のパンツに重ねて使用します。

29 30
表に大きなポケットが2つ。
裏には大きなメインポケット2つに加え、ファスナー付きのポケットが3つも付いています!
どんだけポケット好きなのよ(笑)
かわいいだけでなく、便利さも追求されています。

31 32
ウィンドブレーカーも入荷しました。
こちらはパンダーニユーザーにはお馴染みの「Beach」デザイン。
ウィンドブレーカーにはあまりデザインが入っていないものが多いですが、パンダーニに限ってはそんなことはありません。

33
サイドと背面には伸縮性の高いメッシュが施され、フィット感を高めつつ快適性も確保されています。

34 35
バックポケットにしまうことのできるパッカブル仕様。
持ち運びも便利で抜かりない仕様です。
パッカブル状態にはかなり余裕があり、実際に畳んでみると写真より更に小さく見えます。

36 37
こちらのデザインも入荷しました。
同じく「Beach」デザインですが、デザインのところどころにツールドフランスを意識したデザインが施されています。
東京でツールドフランスが開催されたら?というイメージ?

38
よく見ると悪魔おじさんも!

39
もちろん同様に小さく畳めます。
20xx年、東京で大きな自転車レースが開催されたら熱いなぁ。
そんな夢のあるデザイン。

40 41 42
イチオシのReclessデザインではグローブも入荷しました。
エアロ生地で軽い付け心地でフィット感もよく、こちらもデザイン性だけでなく性能も抜かりありません。



メーカーさんのページをご覧いただければ分かりますが、パンダーニのアイテムは実に多岐にわたります。
今回ご紹介できていないアイテム、デザイン違いの商品などもお取り寄せ可能です。
店頭で試着して、他にも気になるアイテムなどありましたら、1点からでもお取り寄せいたします。
お気軽にご相談ください。

外出自粛が続いている中、ローラー台のお問い合わせが増えています。
これから梅雨のシーズンでもあるので、余計かもしれませんね。

そんな需要に応えてか、クロチェリスタでも一押しのローラー台、
xplova社「NOZA」「NOZA S」となってリニューアルされました。

メーカーさんのページはコチラ

01
・最大出力2500W
・最大傾斜18%

を再現するという各社トップレベルの性能。
それでいて、他社のトップモデルが15万円を超えるものも多い中、
NOZA Sは¥98,000という価格を実現絵文字

前作NOZAもそうでしたが、他メーカーをしっかり研究した上で、狙った価格を出してきています。

02
スペックの数値こそ前作のNOZAとあまり変わりませんが、実際に使ってみると安定感・静粛性とも大きく向上していると、既に選手からも好評とのこと。
NOZAの安定感や静粛性も既にすごかったので、かなり期待大です。

しかも、前回初回分に一部不良が見られたことも踏まえて、今回は既に海外での流通を見てから国内は販売を始めたという、代理店の品質への信頼度も徹底しています。

03
リアエンドは130mm、135mmのクイック式、
142mm、148mmの12mmスルーアクスル式と、
主流のフレーム形状にほぼ対応しています。

本体のフリーボディはシマノ・スラムの11sに対応。

スプロケットは別に購入する必要がありますが、
今回当店にてNOZA Sをご予約いただいた方には、
シマノ・105の11sスプロケットを半額にてご用意します。
歯数の選択も可能です。



発表以来、早速人気でこのブログを書いている間にも5月下旬の初回入荷分は完売してしまったのことですが絵文字
6月入荷の分も順次ご予約受付中です。
お気軽にお問合せください!

cz301s
クロチェリスタでも大人気の折り畳み自転車ブランドCARACLE(カラクル)のカーボンモデルCOZ(コージー)
折り畳み機構を備えながら7㎏を切る超軽量性に、ロードバイクを凌ぐほどの走行性能を備えたスペシャルな折り畳み自転車として、多くのお客様に喜んでいただいています。

そんなコージーから、久々に限定カラーが登場します!

カラクルコージーのご紹介記事はこちら

cz512
それがコチラのマジョーラカラー!
光の加減や見る角度によってカラーが変わるカメレオンカラーです絵文字

価格は通常のマットブラックの価格に+¥15,000ですが、
メーカーさんからすると塗装代の元が取れてないそうです。。
それもそのはず、スーパーカーも手掛ける国内塗装業者さんによるこだわりの仕上げ!
限定数だからこそできるこだわりですが、メーカーさんの本気が伺えます(^^;)

フレームセット、完成車、いずれも選ぶことができます。

cz517
写真で見てもカッコいいですが、カラーの変化が分かる動画を見るともっとカッコいいのが分かりますので、ぜひメーカーさんのページの動画をご覧ください。


前回の「桜」もそうでしたが、訳ありのホントに数台、という台数なので、あっという間に完売してしまう可能性もあります。(前回は2週間足らずでした^^;)

気になる方はお早めにお問合せください~!

直前で申し訳ございません。
本日4/4(土)は19時にて閉店させていただきます。
宜しくお願いいたします。

前のページ
次のページ