本日 110 人 - 昨日 375 人 - 累計 492761 人 サイトマップ

GD(グラファイトデザイン)とは?

  1. HOME >
  2. 取扱いブランド(旧) >
  3. GD(グラファイトデザイン)とは?
画像画像

GD(グラファイトデザイン)は秩父にある日本のカーボン製ゴルフシャフトの製造会社。
最終的な商品をつくるというより「商品のもととなる素材をつくるメーカー」に近いところで、「素材屋」と言えるかもしれません。
そのカーボン素材のスペシャリストの集団に、ブリヂストンの最適構造解析理論「Neo-cot」の産みの親である新矢氏を迎えたことで、グラファイトデザインの自転車造りは始動します。
「素材のスペシャリスト」と「自転車のスペシャリスト」が手を組んで、最高のカーボンバイクを生み出しました。

グラファイトデザインはその名の通りカーボングラファイト(炭素繊維)の特性を熟知しており、用途に応じて適材適所に硬さ、太さ、厚みを計算したカーボンを用いるということができる、数少ないメーカーです。
その解析能力の高さゆえ、「軽く、硬く」が正義だった自転車業界に、適度な「しなり」という新たなアプローチをもたらした先進的なメーカーでもあります。

そのモノづくりは日本の技術屋集団そのままの、無骨で硬派で真面目なもの。
「常に最良のものを」という考えで商品を造っているため、製品のラインナップも多くなければ、新モデルが出ることも多くはありません。
しかし、その考えに考え抜いた中で生まれる商品群は、シンプルなデザインの中に、素材屋だからこそできる技術がたくさん詰まっており、完成度の高いものばかりです。

製品管理も非常に厳しく、製品はわずかな精度差、重量差でも出荷されず、その厳しい基準に合格した製品だけが、最後に日本の自動車のペイントも手掛ける匠の塗装を経て、さらに塗装による精度や重量差のチェックを受けて出荷されます。

グラファイトデザインの製品は、これだけのこだわりを持ちながらコストパフォーマンスに優れ、誰もが扱いやすく、万能で、まさにMADE IN JAPANの日本車のような優等生です。

シンプルなデザインながら、カラーオーダーには対応し、好きな色に塗ることもできます。
日本の技術者集団が贈る「親切な最速の一台」を、ぜひ体感してみてください。