本日 111 人 - 昨日 375 人 - 累計 1214497 人
RSS

超軽量にして高耐久!革新的チューブ“tubolito(チューボリート)”

またまた久々のブログ更新になってしまいました。
だいぶ春めいてきましたね~
寒さで外乗りは冬眠していたサイクリストの方も、きっと乗り始めている頃かと思います(笑)

春にはぽつぽつレースも開催され始め、ヒルクライムレースなどもシーズンイン、という熱心なサイクリストの方もいらっしゃるかと思います。
さて、そんなシーズンインにぴったりな新商品をご案内したいと思います。
これは試す価値アリ!ですよ!

01
tubolito(チューボリート)
それがコチラ。
何やらオレンジ色の物体。
パッケージ状態だとよく分からないですね。

02
パッケージを外してみると、バルブが付いているので正体が分かります。
チューブですね。
というか、この時点で既にメッチャ小さいのが伝わるかもしれません。

そうなんです。
このチューブ、見た目通りの超軽量チューブなんです!
ちなみにこのチューブは700x18~28c、バルブ長60mmで、公式重量はなんと39g!

03
分かりやすく比較対象を並べてみましょう。
左がschwalbeの700x18~28c・60mmの通常のブチルチューブ、
真ん中がクロチェリスタ一押しチューブ、R'AIRの700x23~28c・60mm

右のチューボリートがいかに小さいかお分かりいただけるかと思います。

04
同じようにバルブと一緒に畳んでみました。
少し膨らんじゃってますが、それでも小さいのが分かります。

05 06 07
いざ実測!
公式重量の39gよりはちょいと重い41gですが、驚異的な軽さに偽りなし、です。
バルブキャップと輪ゴムを外せばさらに近い?

R'AIRよりも軽い超軽量ブチルチューブやラテックスチューブなどもありますが、さすがに50g前後が限界です。
そう考えると、チューブリートがいかに軽いか改めてお分かりいただけるかと思います。

08チューボリート3
そしてこのチューボリートの凄いところは軽さだけではないところ。
超軽量ブチルチューブであれば耐久性がかなり犠牲になり、
ラテックスチューブであればエアの保持性が犠牲になります。

しかしチューボリートはエアの保持性もブチルチューブと遜色なく、この軽さながら通常のブチルチューブに対して約2倍の耐パンク性能を持っているというから驚きですΣ(・□・;)


あらゆるチューブの性能を大きく上回った、まさにニュースタンダードとなるかもしれない画期的なチューブと言えるのではないでしょうか?

また、ディスクブレーキ専用だと、更に軽くコンパクトなチューブも販売されています!(現在、通常在庫はしておりません)

09
専用のパッチで、簡単にパンク修理もできるようになっています。
アフターも含めて、抜かりなしです。


ただし、一番のネックはお値段。。
税別4,300円と、上記のシュワルベチューブの約4倍、R'AIRと比べても2倍以上します。。

しかし、それだけの価値はあると思います!
この高価なチューブですが、現在店頭在庫のチューボリートは少しお安くお出ししています。
価格は個別お問合せください。

オーストリア発のチューボリート、ヨーロッパではこのコンパクトさを売りにして、MTBユーザーがチューブレスタイヤのパンク時用に予備チューブとして携行することも多いのだとか。


クリンチャー派ライダーの軽量化の切り札に!
はたまたロングライドの超コンパクトな予備チューブとして荷物の削減に!

早速店主も使ってます^^v
既に店頭に並んでいますので、気になる方はまずはお気軽にお手に取ってご覧ください!