本日 306 人 - 昨日 336 人 - 累計 1216174 人
RSS

SARTO(サルト)の取扱いを開始します!

展示会情報の途中ですが、ちょっとトピックスになりそうな新しいブランドの取扱いを開始いたしますので、ご報告いたします。
開始にあたって、ちょうど展示会にも行ってきたので、展示会情報でもありますね。

01.jpg 02.jpg 03.jpg
SARTO(サルト)
もともとは他社ブランドのOEM専門の自転車メーカーながら、イタリア国内で一貫したハンドメイド製法と高い技術力をもって最高級クラスの自転車を造り続けてきた自転車フレーム制作のプロ中のプロ。
創業から54年の2014年、ついに自社ブランドを立ち上げての制作を始めたメーカーです。

「職人集団」と呼ばれるだけあって、高い技術力をもった「職人」が16名集まって自転車フレームを制作しています。
チューブの成型から接合、塗装、強度試験にいたるまで自社で行っています。

全車種、カーボンシートを巻いて成型する「Tube to Tube製法」にて造られ、モノコックのように軽く、滑らかな仕上がりながら、ラグのようにしなやかで、ジオメトリーオーダーにも対応するというこだわりの造り。

当店で扱っているDaccordi(ダッコルディ)のモールデッド製法のトップモデルを、もっと大人数で会社としてやっているような印象です。

カンパニョーロのテストバイクもサルトが造っており、上記の写真は先日行ってきたカンパニョーロのテクニカルセミナーで展示されていた自転車ですが、よく見るとシートクランプに「SARTO」のロゴが入っていました。

01.jpg 02.jpg
ENERGIA(エネルジア)
¥650000(税抜)

ほぼ全てがフラッグシップのサルトの中で基本モデルとされ、登坂、平地での伸びなど、最もバランスのとれた車種とのこと。

03.jpg 04.jpg 05.jpg
フォークをストレートフォークに変更したり、ワイヤーの取り回しを内装、外装、電動対応など変えたりもできます。
シート径を変えたり、インテグラルシートに延長したり、BB規格変更やダイレクトマウントブレーキへの変更などもオーダー可能。

オプション料金はかかりますが、サイズ・カラーだけでなく、ほとんどのことがオーダーできます。

06.jpg
シートステーはあまり見たことのない斜め扁平加工された特殊な形状。
通常の扁平加工より、ねじれに強そうな気がしますね。

07.jpg
チェーンステーは丸みを帯びた太めの角型。
オーソドックスな形状ですね。

08.jpg
ASOLA(アソラ)
¥620000(税抜)

サルトの最軽量モデル。
超軽量フレームながら押してもまるで変形しないほどの抜群の強度をもち、山岳を得意としながらもオールラウンドに使えるそうです。

09.jpg 10.jpg
展示車は試乗にも使われていたみたいで、ちょっとヘッドチューブに汚れが(笑)
塗装はやはり息をのむ美しさでした。

11.jpg
エネルジアとは逆に傾いた斜め加工のシートステー。
これは逆にしなりそうな気がします。
軽すぎる車体が跳ねないように、トラクションを高めているのかな?などと想像しながら見ていましたが、実際のほどはどうなのでしょうか?

12.jpg
シートステーは角型。
鋭い加速感がありそうです。

ダウンチューブとリアのダブルステーには「ダイアリード」という高強度カーボンが使われているのだそうで、シートステーの形状もそのあたりの特性が反映されているのかも。

13.jpg
DINAMICA(ダイナミカ)
¥490000(税抜)

サルトラインナップ中、最も剛性感を重視したというモデル。

14.jpg
展示車はサルトを扱う代理店の方のもので、ネーム入れもありました。
ネーム入れや、国旗程度の簡単なカスタムも可能だという良い例ですね。

15.jpg 16.jpg
このダイナミカが最も基本的な扁平シートステーが使われていたのはちょっと意外。
剛性型と言いつつも、乗り心地や快適性も高そうで、バランスよく乗れそうな印象があります。

17.jpg
シートステーはねじれの入った複雑な形状。
これは3台の中では一番強そうで、ダイナミカのイメージ通りですね。


今回見てきた3台以外にもラインナップがあります。
まだブランドとしては立ち上げて間もない状態なので、ラインナップなどはまだまだこれからかもしれませんが、そのフレーム制作への意気込みは間違いなく悪いものは造らないという信念を感じ取れるブランドです。

言葉だけではなかなかブランドの良さも伝わらないので、近々試乗車も用意できればと思います。
試乗の企画も決まりましたら、またブログにてお伝えできればと思います。
他にも気になることなどございましたら、お気軽にお問い合わせください。