本日 159 人 - 昨日 436 人 - 累計 1181021 人
RSS

MBKの渾身のフレームが予約受付中です。

一フレームごとに一プロジェクトを展開しているこだわりのブランド、MBK(エムビーケー)。
先日から、というより一年越しで情報が来ていてのですが、やっと形になってきた渾身のプロジェクトをご紹介いたします。

unnamed.jpg
R-FORCEプロジェクトによるRD-1200。
この間まであったRD-1200とは、まったくの別物です。
以前にアグリチュベルがチームで使用していた「スネークアイデザイン」を復活させた限定車。
チェーンステイのベクトルを2方向に分割させることで、材質や厚みだけでなく、構造的にバイクにクッション性と剛性を両立させるデザインは、当時は大注目のフレームでした(少なくとも私には)
当時はフォークもスネークアイデザインでしたね。

アグリチュベルへのチーム供給がなくなり、生産もなくなり、残っていたスネークアイ部分のストックと、最新のカーボン技術の融合によりできあがったこだわりのフレームです。
ただし、スネークアイ部分のストックが48台ぶんしか残っておらず、この分だけで本当に終わりになりそうです。

unnamed (1).jpg
このスネークアイ部分のストックと、他のパイプ部分を、
最適な素材メーカー、
最適なパイプ作成、
最適なパイプ接続、
最後には最適な塗装をできるところ、それぞれを世界中駆け巡ってフレームになるという、こだわり過ぎとも言える珠玉の一台。

仕上げこそMBKの名前になっているものの、MBKフランス本国でも出てこない、日本のサイクルラインズさんのこだわりの一台。

デザインは上記のフランストリコロールを基本デザインとして、カラーオーダーで受け付けます。
塗装は日本の熟練の職人が行います。

01.jpg 02.jpg 03.jpg 04.jpg
先日、サイクルラインズさんが、塗装前のフレームを直接持ってきてくれました。
無駄なほど軽くなく、実に走りそうです。
美しい有機的なデザイン。

眺めながら、あのカラーで塗ったら、とかいろいろ考えてしまいました。
しかもこのフレーム、限定48台と上記しましたが、なんと予約がかなり入っており、
残り20台くらいしかないそうです。

多少変更になるかもしれませんが、価格は税込で50~52万円、納期は4月から6月くらいを予定しています。
おそらく素材選びから加工屋までこだわって選び抜いたこのフレームの価格としては、破格です。
そこにはサイクルラインズさんの、価格どうこう以上に「良いものを提供したい」という信念が貫かれているからに他なりません。

欲しいと思った方は、ぜひお早めにお問い合わせください!