本日 181 人 - 昨日 436 人 - 累計 1181043 人
RSS

展示会報告。東商会さんのウェアやらパーツやら。

確定申告のシーズンですね。。
詳しい方にとってはなんのことはないのかもしれませんが、私はあまりこの手のことは得意な方ではないので、この時期は今後も苦労しそうです(苦笑)

というのは、ブログが遅れがちな言い訳です(笑)
イベント情報、展示会情報、入荷情報、がんばってアップしてゆこうと思います~。

今回は東商会さんからの展示会情報です。

01 02
ETXEONDO(エチェオンド)から、今季ジャイアント・シマノから変わったチーム、ジャイアント・アルペシンのジャージ。
「GIANT」のロゴがかなり大きいので、なんとなくGIANTユーザーじゃないと着づらい?

03
伸縮性と通気性の高い身頃と、袖のエアロ素材が使い分けがされていて、フィット感は抜群、裾や襟の肌触りもよく、ジャージそのものの完成度はさすがエチェオンドという感じ。
プロ供給モデルと全く同じ仕様というだけあります。

アルペシン プロジャージ
¥23000(税抜)


04
でも個人的にはこっちの方が好みでした。
アルペシン クライマージャージ
¥23000(税抜)

メッシュを多用した軽量版、ヒルクライム向けとなっていますが、ヒルクライムどうこうよりも、夏物ならいっそこのくらい通気性に特化してしまった方が小気味いいです。

05 06
この透け具合はインナー必須ですね(笑)
脇の透け具合に目が行きがちですが、メインの身頃もかなり透けています。
袖はエアロ素材でタイトにフィット。

07 08
ビブショーツもあります。
こちらはプロジャージの素材感に近いですね。
腿周りはちょっとテカテカしていて、これもエアロっぽい感じです。
気になる裾やビブが幅広く「面」で当たるようにされているのがとても好印象です。
アルペシン プロビブショーツ
¥25000(税抜)


アルペシンジャージは3/23(月)までの受注発注になります。
欲しい方はお早めに!


09
さて、本題は来冬ものです。
この辺りは継続モデルですね。

もちろんモノはいいんですけど、ちょっと高すぎるかな~。
ちなみに写真の防風ジャケットは¥43000(税抜)

10 11 12
デザイン的にはおもしろいものもありましたが、好みは分かれそう。

13 14 15
フラッグシップの「SUMMUM EO2」は¥54000(税抜)!
うむむ、、さすがによくできていますが、、
高級ブランドの洋服を買うと思えば、アリなのかも!?

まあ、エチェオンドは確かに自転車ウェアの「ブランドもの」ですからね。
その名に恥じない品質や造り込みとは言えるので、まあ仕方ないでしょうか。

16
ところ変わってJET BLACK(ジェットブラック)のローラー台。

最近流行のダイレクトに連結するタイプのローラー台。
ELITE(エリート)のTurbo Muin(ターボムイン)が有名ですが、マグネット負荷で7段階の負荷調整機能を持ちながら、これはフルード式のターボムインより静かなくらいです。
ちょっと驚きました。
ダイレクトドライブの売りらしく、走行感もとても実走に近くスムーズで、好印象でした。

Whisper DRIVE(ウィスパードライブ)
¥78000(税抜)


17
脚が折れて、使わないときは小さくなるのもイイですね!

18
ハンドルに伸びるリモートレバーで7段階に負荷調整可能。
最重負荷は踏み切れないくらい重くなります。
シリアスレーサーも満足な一台ですね。

19
こちらは通常の固定ローラーのトップモデル。
Z1-PRO
¥42000(税抜)

これまた静かさではナンバーワンかと思われてエリートのフルード式ローラーの立ち位置を揺るがさんばかりの静かさでした!
動きもとてもスムーズ。

フルード負荷&ハイドロゲルローラーなど、エリートとスペックは似ていますが、少し安いし、これはなかなか悩ましい1台です!

20
自転車の固定方法と負荷装置の調整だけはアナログな感じでしたが、それはさておき「ローラー台としての性能」の高さはかなりのものです。

21
そしてもう一つ驚いたのがこちら!
R1 3本ローラー
¥28000(税抜)

パッと見はなんの変哲もないシンプルな3本ローラーなのですが、これが乗って驚きです。
3本ローラーは音や振動は仕方ない、と思っていたのですが、これは固定ローラーばりに静かです!
ほとんど自転車のギアの音しかしません~!

22 23
機能に特化した単純な構造、逆に好印象です。
単純がゆえにキレイに2つに折り畳めて、収納時は場所をとりません。
折りたたみ状態保持のネジ付き。

エリートのように鼓型ローラーだったり、ミノウラのように脱落防止装置がオプションで用意されていたりもしませんが、基本の3本ローラーとしての性能は充分ですし、静かさはおそらくダントツ。
価格もお手頃。
選ぶ基準にもよりますが、これはなかなか名品です。

24 25
こちらはTOKEN(トーケン)のBB。
さまざまに増えるBB規格にも負けず、各規格に高品質なBBをリリースしてくれるありがたいメーカーです。

各社シマノからのアップグレードBBが出ていますが、いろいろ試し、組み付けした中では、価格、回転性能、耐久性のバランスが一番いいと思います。

ただしスタンダードベアリングのBBは、普通に組み付けるとあっという間に音鳴りが止まらなくなるので、ちょっとコツが要ります。
この辺りは企業秘密(?)

26
トーケンのカーボンハンドル。
カーボンハンドルらしく、200gアンダーのふわりとした軽さ。
それでいて¥23000(税抜)は安いですね。

27
上面はフラット形状のちょっとエアロっぽい感じ。
ちょっとこじってみたら、さすがに剛性が高いという印象はないので、パワーライダーには不向きな気がします。

28 29
曲げ方や溝付きのワイヤールーティングなどは、好みがあるので何とも言えないですね。

30 31
これもアイデア小物をつくるトーケンらしいアイテムです。
10Sフリーボディにも付く11Sスプロケット。
歯先はクロモリ製でとても丈夫です。
スパイダーアーム部分はカーボンで、デュラエースと比べても遜色ない重量に仕上がっています。
¥30000(税抜)

とはいえ、クロチェリスタでも扱いのあるEdco(エドコ)のモノブロックカセットが、クロモリ一体の削り出し製法でさらに軽く、価格も¥23000(税抜)という価格設定なので、正直こちらの方がオススメ度は高いですね。

ただし、取り付けるフリーボディーによってはこちらの方がよい場合もありそう。
その辺は要相談です。

34 35
36 37
ラストはカーボンホイールです。
このホイール、20万円を下回るホイールの中ではかなり評判が高いんですよね~。

T28カーボンチューブラーホイールセット(リムハイト28mm)
スタンダードベアリング ¥175000(税抜)
TBTベアリング ¥185000(税抜)

T55カーボンチューブラーホイールセット(リムハイト55mm)
スタンダードベアリング ¥185000(税抜)
TBTベアリング ¥195000(税抜)


剛性が高いリムという訳ではありませんが、T28はセットで1132gと超軽量の部類で、BBはじめ回転性能には信頼のあるトーケンのベアリング採用とあれば、20万円以内で軽量ヒルクライムモデルが欲しい場合にはかなり狙い目だと思います。
耐久性も含め、どうせならTBTベアリングがオススメです。


そしてなんとこのホイール、今キャンペーン中で、
3月30日までにご成約いただきますと、
・¥22813~23954(税抜)のデュラエースCS-9000のスプロケット(歯数選択可)
もしくは
・2本セット¥18838(税抜)のパナレーサーのレース用チューブラータイヤ
のどちらかが付いてくるという太っ腹キャンペーン中です!


3月中に届くホイール以外は対象外となってしまうので、ギリギリだと間に合わない場合もあります。
もし欲しいと思った方はお早めに!



さてさて、キャンペーン内になんとか記事にできました(笑)
今後もせっせと追いつくように情報アップしてゆこうと思いますので、時々覗いていただけたら幸いです。
気になる商品などございましたら、お気軽にお問い合わせください!