本日 155 人 - 昨日 436 人 - 累計 1181017 人
RSS

店主、イタリアへ。。ウィリエール旅日記③

おはようございます!
ウィリエール旅日記、真ん中となる3回目をお送りします。

コルティナ入りして3日目にして試乗企画の2日目は、MTBの試乗でした。
前日からの天気予報は降水確率80~90%、、
絶望的な降水確率ながら、朝時点ではギリギリ曇天。。
なんとか降らないで行けるといいんだけどなぁ。

01
ホテルの朝ごはんは昨日同様バイキング形式。
イタリアに来てから、何かと食べ過ぎ気味なせいか、あまり食欲がなく、朝食は控えめに、シリアルとハム&チーズを少々。

02
チーズは昨日切られたものと、新たに切り分け方式のブロックもあって、ものすごく美味しそうだったけど、あまり食べられず。残念。

03
朝食を終えたら、本日はMTB試乗企画です!
日本ではあまり馴染がありませんが、ウィリエールは本国イタリアでは結構MTBにも力を入れていて、モデル数もそこそこあり、選手供給もしています。
(実はファットバイクなんかもあります)

こちらも情報の詳細公表はまだNGなので、フレームにはモザイクかけてあります。すみません。

前日のロード同様、自分のペダルとGARMINを付けてもらって、準備OK!

04 05
前日はほぼ全員、支給された最新ウィリエールジャージで統一感ばっちりでしたが、この日は皆さん思い思いのジャージが多かったです。
ショップのチームジャージの方も多くいらっしゃいました。

そういうワタシも今回はチームジャージで行ってきました。

06 07
MTBライドスタート!
コルティナ・ダンペッツォの街、ドロミテ山塊はスキーリゾートとして有名なだけあって、トレッキングやMTBにもとても人気のある場所。
MTBライドもとても楽しみです!

08
この辺りの自転車人気を感じさせる、雰囲気ある看板。
いい感じ!

09 10
って、あれ、なんかスピード速くね?

前がどんどん離れていく!
追いついた方がいいのかな?と思って振り返ると、後ろも全然ついてこれてない!

早速イタリアテイスト満点。。
先頭には元プロMTBライダーと、イタリアジュニアMTB界のエースがいるとは聞いていたけど、昨日のロードライドといい、主催側が容赦ないなー!
後ろが千切れようがお構いなし。
接待ライドとか、なにそれ?って感じです。

くそー、そんなら行けるところまでは追いついて行ってやるー!

11
とりあえず本格的な悪路になる前に、先頭集団に追いつきました。
日本人がもう一人だけいて、ちょっと心強かったです。

社長のエンリコもこの中にいて、ワタシのジャージを見て「OH!CROCERISTA!」と並びながら気付いて声かけてくれました。
なんか嬉しい!

と、
油断していたら、、

その後のちょっとした分かれ道&S字カーブで急遽後ろを待つことにしたらしく、集団がストップ。
その前のスピードの速さもあって、ちょうど止まったところで砂利に後輪をとられて地味に単独落車してしまいました。。
情けなし。

機材にはほとんどダメージはなく、身体の傷も大したことはないですが、右の肘と脇腹を打って、ちょっと痛いです(T^T)

この後、そんなに長距離走ったわけでもないのに、後続が来るまでに10分以上かかりました。
先頭、飛ばし過ぎじゃないですかーもー。

12
合流した後、Aチーム、Bチーム、Cチームに分かれて走ろう!ということになったので、今度はおとなしくBチームで走ることにしました。
またAチームに無理して付いていって転んだりしてもアレだし、ほとんどの日本人がBチームにいましたし。

エンリコ、気が付いてくれたのに、Aチームに付いてゆけず、すみませぬ。

13 14 15
Bチームもそこそこのペースでは走っているものの、先ほどまでの先頭集団に比べたらだいぶ穏やかなペースで、ところどころコースの見どころなんかでは写真撮影タイムもとってくれたりして、普通に楽しいMTBライドでした♪

いやー、レースじゃないので、これくらいでいいですわ、ホントに。

そういえば、天気もだいぶよくなってきてます。
やったね!

16 17
とはいえところどころ分かれ道があったりして、あんまりのんびりしていてはぐれないようには注意です。
異国の地、しかも山中で一人迷子とか、シャレにならないです。

18 19
20 21
おぉー!
林道を抜けたら、今度はまたずいぶん眺めのよい区間に出ました!
楽しい~。

22
再度撮影ポイント。
せっかくなので、自転車持ち上げて記念撮影!
フルサスMTBなので、ロードほど軽くなく、さっきの落車でちょっと脇は痛かったけど、なんだか楽しさでマヒしていて、勢いで持ち上げてました♪
イタリアでクロチェリスタジャージもアピールできて、満足です!

23
この後、ちょっと急な荒れ道を下ってきたら、いつの間にか見慣れたホテル近くの道に戻ってきていました。
全然どこ通ったのか分からん(笑)

ちなみに帰り道の途中、街中を走る集団に、おそらく結構な御歳と思われるおばあちゃんが、杖を振り上げて「頑張れー!頑張れー!」みたいな声援を送ってくれていて、イタリア人の熱さを感じました。
(でもイタリア参加のライダー達もちょっと驚いた様子で笑っていたので、さすがにあそこまで熱い声援は珍しいのかも)

これにて本日のMTBライドは終了です~。

24
ホテルに帰って着替えて準備したあとは、昼食はホテルではなくて外で食べるということで、またお出かけ。
なんと、このコルティナの街に来て以来何度も見上げていた、あのドロミテ山塊のかなり上の方までケーブルカーで上り、上のレストランで食事なのだそう!

これまた走った後だけどテンション上がります!

25 26
ファローリア山まで、ケーブルカーで上がるのだそうです。
このファローリア山、映画「クリフハンガー」の撮影にも使われたという名所です。

27
えー、
こんなに乗って大丈夫!?

28
結構揺れるー!
ものすごい急斜面を登っています!(当たり前)

29
途中の中継ポイントで、一度乗り換えます。

30
うおー!高い!
高所恐怖症の方だったら、下見れないレベルじゃないでしょうか!?

31
下をよく見ると、なんだか道が見えます。
MTBなんかでも通れる道なんでしょうか?
このファローリア山を、自転車で登りきる道もあるということでしょうか!?
だとしたら凄いなぁ。

32
ちょっと視線をずらすと、切り立った岩の塊。
下から見たまんまです!
この辺りはさすがに通れないだろうし、自走で上がってくるとしたら、回り道でもあるんだろうな。

33 34
ケーブルカーの駅に到着!
いやー、すごい眺め!
そして下を見ると絶壁!

35 36
柵からちょっと身を乗り出して下を見ると、かなりのスリル感です。
身体がフワ~ッとした感覚に襲われます。

37
このさらに上の山頂付近まで、ジープで運んでくれるというアトラクション?もありました!
行けるの?
転げ落ちそうじゃない?

38 39
お待ちかねの昼食は、ケーブルカーの駅と隣接したオシャレなレストラン。
もちろん貸切。
贅沢だわ~。

40
そして当然のように昼からワイン(笑)
少しずつイタリア事情が分かってきた気がします。

しかし、やはり食欲があまり出ず。。
なんか、ずっとお腹が張っているような感覚です。

サイクルスポーツのナカジさんに聞いたのですが、日本の軟水と違ってヨーロッパは硬水で、これが身体に合っていないのでは?とのことでした。
あとこちらの食事には、普通の水と一緒に、必ず炭酸水も出てくるので、これを多く飲みすぎると余計お腹が張ったような感じになると思うよー、と助言をいただきました。
気を付けよう。。

41 42
でも食事は楽しかったです♪
ちょうどテーブルの目の前に、ウィリエールの生き字引と呼ばれているフレームマイスターのアンジェロ氏が座っていて、ナカジさんの通訳も交えながらおもしろい話がたくさん聞けました!(ちょっと公には書きづらいくらいの裏話が盛りだくさん…)

43 44
ご飯食べた後はカフェカウンターに移動して、ウィリエールの方々に混じってカフェタイムさせてもらいました。

アンジェロ氏とも記念撮影。
Grazie mille, Angelo!

45
と、外に出たら日本人御一行様がさっきのジープに乗っているじゃないですか!
日本人グループの半分強が乗ったジープを、他の日本人と見送ることに。
いいなー。
でも怖そうだな(笑)

46
行ったー!

47
転げ落ちそう!
ってマンガか!

48
そんな楽しげなジープを見送っていたら、まったく別の日本人観光グループの方々も眺めていて、私たちも乗りましょーよー!ってテンション上がってました(笑)

49 50
ワタシは転げ落ちそうなジープを眺められただけで満足できたので、もう少し周りを探索。
しかし、改めてすごい景色ですねぇ。
こっちはこっちで、転げ落ちそうです。

51
記念にもう一度、柵を掴みながら下向きに自撮り。

うーん、すごいスリルある体験だったんだけど、写真に撮ると伝わらないなぁ。。残念。

52
って、Wさん、ナチュラルに足かけとるわ!

それ、怖くないっすか!?
その下、崖ですよ!
柵、壊れるかもしれないですよ!(不吉)

53
なんてやっているうちに、随分時間が経ち、だいぶ堪能したな~、と思っていたら、同様に思った人たちが各国からいたみたいで、なんとなくそろそろ降りない~?的な空気感が流れていました。
日本人、半分以上ジープで上に行っちゃってますけどね(笑)

でもここでまたイタリア事情。
ケーブルカー動かすんなら、もう少し人数集まんなきゃダメだよー、みたいなこと言って、なかなか動かしてくれず。
時刻表もあるのに!ある意味すごい!

ウィリエールの人が交渉窓口に立って降りたいんだけど~的なこと何か言っていたけど、やっぱり動かず。

54
レストラン内でまだゆっくりしている人や、先に降りてきた日本人など、結局もう少し集まるのを待って、やっと降りることができました。

なにはともあれ、楽しいランチでした!
ありがとう、ファローリア!

55 56
コルティナの街に戻ったところで、既に4時を回っていました。
イタリアは昼飯も長いなぁ。

昨日お昼休憩にあたってしまい、買えなかったお土産を、やっとゲットすることができました♪
写真は、ものすごい大きさなのに日本に比べると破格なチーズ、薬草入り?の見た目インパクト大のグラッパ。

そして、お土産買い物帰りににわか雨に降られてずぶ濡れになりましたとさ。。
ま、絶望的な降水確率の中、MTBライド中に降られなかっただけでもラッキーだったんだから、文句は言いっこなしですね。


だいぶ長くなりました。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
ウィリエール旅日記④に続きます。
④では、今回のメインイベント、ドロミテ峠制覇ライドへ出かけます!