本日 344 人 - 昨日 325 人 - 累計 493320 人 サイトマップ
RSS
お手軽に自転車の性能を上げたい!

そんな夢のような話、誰もが思いますよね。
でも多くの人がやっぱり無理だよなぁ...なんて思っていませんか?

そんな夢物語、出来るんです。

クロチェリスタセレクション第二弾、今回はチェーンオイルになります。

今回ももちろんクロチェリスタ一押しですが、HOLMENKOL(ホルメンコール)より"LUBE EXTREME"のご紹介です!

画像

このオイルの何がそんなに凄いのよ?
オイルなんてなに選んでも一緒でしょ?

と思っていませんか?
気持ちは分かります。
でも、一度試して頂きたいんです。

このオイルの何がそんなに凄いのかといいますと、オイルは基本的には
軽い回りを実現して汚れずらいオイル=持ちが悪い
持ちがいい=回りが重く、べた付く(汚れやすい)オイル
と、汚れるけど耐久性をとるか?性能を取って何度もまめに注油するか?
と、面倒な二択を迫られてしまいます。

しかし
このオイルはいいとこどりをしているのです!
チェーンの回りはとても軽く、かつ持ちはよく、何より汚れない!

究極のオイルですね。

でも欠点はあります。
このオイルを初めて使うときは、しっかりと前のオイルを落とさないと定着しないのです。

つまり、オイルをLUBE EXTREMEに変える際は必ず清掃が必要になります。

そんな時にもおススメのアイテム揃ってます!

まずは清掃で使う小物ですが、ブタです。

しかしただのブタじゃぁないんです。
チェーンをきれいにできないブタは、ただのブタだ!!!

画像

このブタちゃん、かわいいだけじゃないんです。
かわいい顔してしっかりチェーンをキレイキレイしてくれる優秀なクリーナーです。

しっぽをRディレーラーに引っ掛けて、体でチェーンを挟んで清掃する構造になっていますが、複雑な構造などではないので初めてでも使いやすいようになっています!

また、説明書もイラスト付きで中に入っているので分からなくなっても確認できて安心ですね!

でもブタちゃんだけじゃチェーンの油は落とせません...
油を落とすためのディグリーザーが必要です。

そこでおススメなのがこちら!

画像

PEDROS ディグリーザーです。

チェーンやギアの清掃などにピッタリなディグリーザーです。

洗浄成分が非常に強力なので、チェーンクリーナーに使用するときは必ず3倍以上に希釈して使わなければいけないほどの代物です。

でもこんなにたくさん使わなくない...?
だってオイル変える最初だけなんでしょ...?

ご安心ください!何もチェーンクリーナーでしか使えないわけじゃぁないんです!

頑固な汚れには原液のまま、簡単な汚れは水で薄めても使用可能で、ブラシやウェスにつけて使えるんです!
なので、ちょっとした自転車の清掃にも活躍してくれること間違いなし!

他にも、汚れたパーツを漬け置きしたりもできるのでチェーン清掃だけでなく、他の部分の清掃から頑固な油落としまで、1本で2役にも3役にもなる優秀さです!

今回ご紹介させていただいたセット1式あるだけで、手軽にペダリングが軽くなります!
本当におススメの1品オイルなので、是非一度お試しください!

Witten by きょん

クロチェリスタで「〇〇のカテゴリで一つ選ぶならこれ!」という商品を紹介させていただくクロチェリスタセレクション、クロセレ!
クロチェリスタの商品は、店長が数多くの商品の中から「おススメする理由がある」アイテムを厳選して仕入れているのですが、基本的に店長の頭の中だけで動いているので、なかなか外に情報発信できていないものがたくさんあります。
なので、店長と話しながら、なかなか店長が発信できていない情報を引き出して、私きょんが代わりに紹介します!というコーナーです!

いつ打ち切りになるかは分かりませんが(笑)頑張って企画続行のため書かせていただこうと思います!

初回はレースの補給食ならこれ!
トップテン!!!

画像

クロチェリスタでも中毒者愛用者が多くいるトップテン。

補給食といえばカロリー補給、ハンガーノック時の緊急食...
など、エネルギー補給といった考え方が強いかな?と思います。

が、トップテンはそんな優しい飲み物ではございません。

レース後半、力が出ないッ...!
ゴール前のスプリント、もう一段階ギアを上げたい!!
俺がエースをアシストするんだ!!

そんな時にトップテン!

トップテンはエネルギー補給という観点よりは、爆発的にエネルギーを使いたいときに使ってもらうアイテムです。
身体からエネルギーが切れる...というときに飲めば、ビックリするくらい、すぐに体に力が湧き出てきます!

目安は飲んでから30分前後!
代わりに、体内の残存エネルギーも燃やし尽くすかのように、飲んで効果がなくなったら一気に体から力が抜ける感じが...
なので、勝負所で飲むのをおススメします!

リポ〇タンⅮを煮詰めたような、かなり濃い味で、喉につっかえる感じがあると思うので、小さいボトルにトップテンを入れ...水で少し薄めて携帯するのがおススメです!
これでレース中にも飲みやすく、必要な時にすぐに飲めます!

画像

レース中にもうひと頑張りしたい方、是非お試しください!
一度飲んだら、手放せなくなります(中毒者は語る...)

written by きょん

少し肌寒い日が出てきた今日この頃ですね。

秋・冬に向けて、クロチェリスタでおオススメの冬物小物をご紹介させていただきます!

冬のウェアで厚手のジャケット!と考える方も多いかもしれませんが、ジャケットよりも安いコストで暖かい装備があるんです!

まずはウィンドブレーカーです!

クロチェリスタ一押しは前にも紹介させていただいたSIXSのウィンドブレーカーですね!

画像 画像

ウィンドブレーカーのポイントといえば、暖かい...バタつかない...蒸れない...コンパクトになる...
そんな要点を押さえた商品がSIXSのウィンドブレーカーです!

首回りやわきの下に高機能アンダーウェアと同等の素材を用いることで、蒸れて不快になりがちな問題を解消しています。

画像

更には伸びるんです!
ウィンドブレーカーは素材の問題もあって伸びないものが多数な中、なんとSIXSはガッツリ伸びます!

なんで伸びるといいのよ?
といいますと、重要な要素である”バタつかない”というところにつながります。
軽量なウィンドブレーカーでこんなに伸びるものはそうそうありません!

画像

そして最後にコンパクト!

画像

夏のヒルクライムでの下山などにも使うウィンドブレーカー、背中にしまっておくことも多々あると思います。

でもSIXSなら大丈夫!
軽くてコンパクト!なので持ち運びも楽々です!

クロチェリスタで一押しのウィンドブレーカー、まずはジャージの上に着てみてください!これだけで冬を乗り切れるかも!?と思わせてくれる商品です!

でも、実際にウィンドブレーカーと夏物ウェアだけではさすがに冬は寒いので、下にもプラスするアイテムをご紹介します。
続いてはアンダーウェアのDry!

Dryの商品はどの商品も優秀で、夏物から冬物までクロチェリスタでも数々のオススメDryウェアがありますが、今回は中でも冬物のオススメ度の高いアンダーウェアでのご紹介です。

驚きの商品画像がこちら!

画像

お判りいただけたでしょうか...
スケスケなんです!!!

画像 画像

こんなスケスケで本当に暖かいの!?
と思う方もいるかといると思います。
でも安心してください、見た目からは想像できないくらい、本当に暖かいんです!

夏物と素材は同じメラクロンですが夏物よりも太く編むことで保温性が上がり、とても暖かいのです!

更にDryの一番の売りである速乾性はしっかり備え付けられているので、汗で蒸れることなくしっかり汗冷えを防ぎます!

Dry+夏物ジャージで上からSIXSのウィンドブレーカーを着れば恐ろしいほど暖かいので是非一度お試しを!

でも足はどうするの...?
ウィンドブレーカーを買うとちょっとパンツまではお金が...
ご安心を!
オススメのアームウォーマー、レッグウォーマーもございます!

まずはアームカバーのご紹介です!

秋や夏の肌寒い時期など、夏物ジャージにアンダーウェアやウィンドブレーカーと合わせて使っていただければ、冬物同様に暖かくなります!

クロチェリスタ一押しアームカバーはDeFeet!
この商品、ウール素材が入っていて、とても保温性が高いんです!

ソックスなどでも紹介させていただいているDeFeetですが、アームカバーでも優秀です!

画像 画像

どの辺が優秀なのかというと、ウール混入のナイロン素材を密に編むことで保温性を高めつつ、滑り止めなしで素材そのものでフィットさせるようにできています。
起毛素材のアームウォーマーでありがちな気になるずり落ちがしづらくなっています。
なので、走っている時に落ちてきて面倒!などといった心配も少なく済むかと思います!
毛足が肌に当たって気になる方もいるかと思いますが、起毛ではないのでそういった点も安心です!
脱着が容易なので、走りながら暑さによって調節がしやすいといったメリットもあり、幅広いシーズンに活躍してくれます!

そして脚につけるレッグウォーマーです!
クロチェリスタの一押しはCraftのレッグウォーマー!

画像

こちらもずり落ちが気になるところですが、しっかりと対策がされています。

画像 画像

通常は内側にしかない滑り止めテープが、外側にも付いています!
こうすることで、脚とレッグウォーマーの間だけでなく、レッグウォーマーとショーツも滑らないようになるので、ずり落ちることなく、ショーツとウォーマーとの間に隙間ができてしまうことを防いでいます!

冬物のタイツはどうしても素材がいいものは高くなりがちですが、レッグウォーマーを使ってあげることである程度の寒さだったら充分です!
また、こちらも春・秋などにも脱着が容易で使いやすいので幅広く使えるかと思います!


冬物ジャージやジャケットも、もちろん必要なシーンもあります。
ただ、冬物ジャージ、特に防風のジャケットなどはかなり高額です...
実際、高額な冬物ジャケットだと、今回ご紹介した4点の合計額より高い商品も珍しくありません。

冬物ウェアをご検討中の方は、まずはジャージやジャケットよりも小物類を揃えることをおススメします。
冬物ジャージよりも低コストで、充分に暖かく、かつ様々な調整がしやすいので幅広いシーズン活躍するアイテムが多くあります。

もちろん今回紹介させていただいた商品を冬物ジャージと合わせて使っていただくこともできます。
冬場だけでなく春・夏・秋にも出番があり、幅広く1年を通して使っていただける商品になっています。

冬物ジャージでお悩みの方、ぜひ一度相談してみてください!
ピッタリの組み合わせを考えます!

written by きょん

暑さも落ち着いてきて走りやすい天気が続いてますね。
最近はローラーしか回してないきょんです。

今回はサイクリングの時に使いたい小物類を紹介させていただきます。

最初に紹介させていただくのは、女性が中心となって商品の企画・開発を行っているブランド"rocogowa"より、トップチューブバッグになります。

画像

こちらの商品ですが、外から見たデザインがオシャレなのはモチロンですが、中もこだわって作られているんです!

中はなんとデニムで出来ていて、思いのほか伸びるので収納能力も優秀です!

画像

画像ではきょんのおやつのアポロチョコ、タイヤレバー3本にリップクリームを入れていますが、片側に空きがあるのでアポロチョコをもう一つ入れたり、スマホも大抵の機種なら入りそうです!

サドルバッグやツール缶と違って、ものを出し入れしやすい位置にあるので、中身を出したり入れたりが簡単なのも嬉しいポイントです。
なのでサイクリングでちょっとした小物を持ちたいときに使えますね。

続いて紹介させていただくのは、前々からCROCERISTAでも一押ししていたGIZA PRODUCTSのスマホケース SealWrap になります!

画像

防滴仕様でスマートホン・カードや小銭類を収納できる上に鍵を取り付けられるハンガーまでついた万能ケースになっています!

画像

サイズもスマートホンに合わせて複数あり、ピッタリのものを選べるようになっています!

また、スマートホンをケースに収納した状態で写真が撮れるようにカメラ窓も付いているので、サイクリング中に写真を撮るのも困りません!

サイクリングに限らず、ロングライドなどにも使えるかと思いますので、是非お試しください!

written by きょん

CROCERISTAで新しく取り扱いを始めたPENNAROLA(ペンナローラ)のご紹介です。

Willier等と同じくイタリアのメーカーで、規模が大きいブランドではないので種類は多くないものの、そのどれもが高いレベルで作られたお値段以上のフレームばかり。

そんなPENNAROLAからまず最初に紹介させていただくのはPENNAROLAのトップグレード RC-4

RED
画像

店長の試乗した感じでは、乗り心地のよくグランフォンドでも使える!と思うような1台だったとのことで、トップグレードでありながらレース以外でも使える万能ではないかと思わせるようなフレームになっています。

続いてはCROCERISTA一押しのRC-3

Black Pink
画像

Black Yellow
画像

Black Red
画像

「走る・曲がる・止まる」というロードバイクに必要な絶対性能をライダーが自然に感じ取ることができるモデルです。
とメーカーが謳っている通り、店長インプレッションでは
「RC-3の方がむしろレースでは使える!」
という言葉からも、本当のピュアレース向きフレームに仕上がっているようです。
カラーバリエーションもメーカー最多の3色と選びやすくなっているのもポイントですね。

3つめに紹介させていただくのはRC-1です。

Blue
画像

CROCERISTAにも現在フレームがあるモデルです。
価格を見ると入門用のカーボンのようですが、実際は全然そんなことがありません!

すごく軽いというわけではないものの、踏めばしっかりと進み、レースでも使える印象だったとのこと。
それでいてジオメトリーはロングライドでも使えるようになっているので、幅広く使えます。
入門用に選んでも、入門機以上長く、幅広く乗れますね。

他にもRS-5のような、ハンドメイドのフレームも作っているブランドになっています。

Black Red
画像

ラインナップは大手ほど多くはないですが、どのフレームも大手にも負けない仕上がりになっています。
気になる方は是非お問合せをお待ちしております!

written by きょん

<< 前の5件 | 次の5件 >>