本日 246 人 - 昨日 427 人 - 累計 548020 人 サイトマップ
RSS
寒さの堪えるこの季節、走っていて手の冷えがつらい方、多いのではないでしょうか?

そんな方々にお勧めしたいのが、今回ご紹介するハンドルカバー"BARMITTS"

町中を走ってる自転車で、時々暖かそうなカバーを付けたママチャリを見たことはないでしょうか?
ただ、ロードバイクにそんなアイテムないでしょ...

そうお考えの方、実はロードバイク用やクロスバイク用のものもあるんです!

それがこのBARMITTS

65b1ca420c232b740fda6d371b2af8ee

取り付けはシンプルで、ハンドルに被せてファスナーを占めるだけ。
取り付け・取り外しがカンタンなので、必要な時だけ気軽に使えます。
それだけでこの厳しい寒さから手が守られるんです!

中は暖かく、STIの操作などもしっかりできるようになっています。
また、ウェットスーツと同じネオプレーン素材で作られているので、雨にぬれても水が染み込みません。
冬場に雪が降っても、冷たさを感じさせないほど高い防寒性能となっています。

このハンドルカバーだけでも暖かく、素手でも充分という方もいるほどですが、薄手のグローブと合わせるなどの調整もしやすくなっています。

2b322ee9be8bc672b924fbc8f33a7411

ただ一つ、欠点として、ドロップ部分が使えなくなります。

なので、練習でスプリント!という方や、下りも攻めて走る!という方にはオススメできません...

ccb012a236f7fefc62528191843e87f7

もう一つの欠点としては、ロードバイクのドロップハンドルがかっこいい!
といった方は、BARMITTSの中にすっぽり入ってしまうので、周りからは見えなくなってしまいます。
そういったことから、見栄えを気にする方も居るかもしれません...


しかし、欠点を補えるくらい、メチャクチャ暖かいんです!
俺はカバーがついてでも寒さから逃げたい!
ドロップなんて握れなくてもいいんだ!
といった方、付けるしかありませんね!?

この寒い時期、なかなかグローブだけではしのぎ切れない方もいると思います。
冬場の寒さと見栄え、なかなか難しい選択かもしれませんが、店頭にも試乗車があるので、ぜひ一度お試しください!

Written by きょん Edited by 店主

ロングライド中にパンクをして、携帯ポンプじゃ帰りがつらい...

走りに行ったら空気が緩かった!でも近くにスポーツバイクショップはないし...

お出かけ中にこんな経験はありませんか?

近場に仏式用の空気入れがあるようなお店があればいいですが、意外と見つからないんですよね。

そんな時におススメのレスキューアダプターです!

_MG_7040

意外とシティ車などを売ってるお店はあるのに、スポーツ車があるようなお店がない...

そんな時に、このアダプターがあればシティ車などに使われている、英式用の空気入れでも空気が入れられるんです!
またこれ一つで、車やバイクに使われている米式用にも対応できるようになっているので、ガソリンスタンドなどでも空気が入れられます!

ロングライドなどによく出かける方、念のためにサドルバッグなどに忍ばせておいたり、装着しておいてはいかがでしょうか?

カラーも豊富な7色と、愛車のドレスアップにも!

_MG_7038

Written by きょん Edited by 店主

タイトルを見ただけでは何のこと?となる、FD(フロントディレイラー)のアダプターのご紹介です!

今回ご紹介するのは、以前に高品質なBBで紹介したメーカーWISHBONE(ウィッシュボーン)からリリースされている、FDに噛ませることによって、角度を出すことが出来るアダプターです。

_MG_7028

_MG_7031

これだけでは何のことやら?となるので、さらに詳しく説明をすると、
楕円チェーンリングを使っていて、後ろのギアが使える範囲が狭くて...
といった経験がある方、いませんか?

楕円チェーンリングは50±3や34±2といった具合にギア比が変化し、「仮想53T」と「仮想32T」といった動きに対応する必要があります。
すると、FDが正常に動ける可動域(キャパシティ)をオーバーしてしまうことにより、使えるギアが減ってしまうんです。

このアダプターはFDの取付角度を変え、よりチェーリングにFDを沿わせられるので、楕円ギアの落差によって生まれるチェーンのブレに対して、余裕を作れるようになっているんです。

結果として、使えるギアの幅が広がり、快適に乗っていただけるわけです。

文章で見ると、やっぱり「?」と思われるかもしれませんが、店頭の自転車に付いているものがあるので、お悩みの方は是非一度見てみてください!

普通のチェーンリングを使っている方は必要ないかもしれませんが、バロックギアのような楕円リングを使っている方や、FDの位置などにお悩みの方は必見のアイテムになっています!

_MG_7034

Written by きょん Edited by 店主

楽しみに待っていた方もきっといる?
11月の展示会情報で店長が告知していたCARACLEの軽量モデルの紹介です!

そもそもCARACLEとは?という方は是非リンク先のブログを見ていただきたいのですが、一言で言うなら
”超小さくなるのに乗り味最高な折り畳み小径車”
です。
メーカーHPはコチラ

そんなCARACLEから、今回軽量モデルCOZ(コージー)の登場です!
軽量モデル、折り畳み自転車ながらカーボンで作られているんです!
さらに、そのカーボンモデルの中でも7.6Kgの基本モデルに加えて、より軽量なライトモデルも登場です!ライトモデルは驚愕の6.9Kgになっています。。
UCIもビックリです。

cc002_171222_143750

cc003_171221_194918

小径車で軽量って普通じゃないの?と考える方も多いかもしれませんが、CARACLEのすごいところはただの小径車じゃなくて折り畳み自転車なところなんです!

折り畳み構造にした際、ヒンジ部分の強度や素材などにより、むしろ重くなるのが普通です。
有名メーカーの折り畳み自転車なども調べると分かりますが、ロードバイクより重いものがほとんどで、たまに軽いものがあると「14インチ」とか「変速なし」とか、なにか機能を犠牲にしているのがほとんどです。

しかし、カラクルは小径車では最速・最大のホイールと言われる「451規格」の20インチホイールを搭載し、変速は最新ロード顔負けの2x11の22段変速です!

それを踏まえたうえで、UCIの規定ほぼ最軽量ラインである6.9Kgまで軽くできた小径折り畳み自転車が今まであったでしょうか...

cc024_171221_173822

cc025_171222_105154

cc022_171221_160140

cc030_171222_095534
折り畳みは写真の分割部がワンタッチで分けられるようになっており、下部のリンクを軸に回転するように畳めます。

そしてこの分割部がエラストマー式サスペンション機能となっていて、路面の突き上げ振動の吸収もしてくれる優れものです!
小径車・軽量バイクにありがちな乗り心地の悪さや不安定さを、重量を上げずに解消しています。

そしてこの超軽量折り畳み小径車を、ここまで熱弁してお勧めするのはもう一つの理由があるからなんです。
その理由が、走行性能にあります。

いくらカーボンを使っていても、カーボンもピンキリで、安いカーボンバイクは普通にいけば走行性能は落ち、まして軽量な折り畳み自転車ともなれば剛性感なんてものは見る影もなくなる。。

ところが、なんとCARACLE-COZはバリバリ走れる自転車なんです。
しっかりと走るのに必要な剛性を保ち、バリバリのロードバイク乗りでも納得できるほどの性能になっています。
コンポーネントもフルで105を搭載し、すぐにでもレースですら使えるスペックです!

その性能は証明済みで、CARACLEのスタッフさんが鈴鹿エンデューロで入賞しているんです!

カーボンの折り畳み小径でここまで軽量・しっかり走れる自転車は衝撃です。


唯一、従来のCARACLE-Sに劣るのは折りたたんだ際の大きさ。
ですが、従来のCARACLE-Sの折り畳みサイズが極限レベルなのであって、COZも十分にコンパクトサイズまで折りたためます。

cc010_171222_101608

cc008_171222_095156

このCARACLE-COZですが
基本モデル(7.6Kg)\213,000+税
ライトモデル(6.9Kg)\240,000+税

となっています。

大きな違いは
・ハンドル
・ステム
・シートポスト
・サドル
・ヘッドパーツ
をカーボンにしている点や、タイヤ・チューブを軽量モデル使用、クイックリリースをチタンシャフトにしている点になっています。

上の方で「折り畳み自転車はロードバイクより軽くするのが難しい」と書きましたが、同グレードで比べると「ロードバイクより安くするのも難しい」のが折り畳み自転車です。
なのにこの価格。
高い走行性能で6.9kgの完成車なんて、ロードバイクでもそうそうできません。
(そもそもフルカーボンのハンドル・ステム・ピラー・サドルだけでも普通ならかなりの価格になります)

cc019_171221_174954

cc021_171221_181014

サイクルモードでの試乗があまりにも好評だったせいもあってか、初回受注分はすでに予約完売状態。
2次生産はまだ予約空きがあり、初回から1ヶ月程度で再生産の予定ですが、この2次生産分も埋まってしまう可能性があるとのことです。
気になった方は是非お問い合わせください!

また、2月15日までにご成約いただいた方には、特典として従来はオプションの
1.前輪固定プレート(兼ダウンチューブプロテクター)


cc026_171221_161052-2

さらに
2.チタンボルト5本追加(ステム×4/ヘッドトップキャップ×1)
がついてきます。

詳しい仕様や乗り心地などが気になる方は、店長が試乗車をさんざん乗り回してきていますので、ぜひお気軽に聞いてみてください!

Written by きょん Edited by 店主

寒さも厳しくなってきましたね。
自転車に乗らずにコタツで船を漕ぐ世界大会があったら入賞も狙える!きょんです。

さて、どうでもいい切り出しですが、どうでもよくない内容で新商品のご紹介です!

今回紹介するのは、車好きの方ならご存知の方も多いと思いますが、F1などで走る数々のレーシングカーが使うPIRELLI(ピレリ)

なんと、このメーカーが自転車向けにタイヤを出したんです!

これまでもブリジストンやミシュラン、コンチネンタルなどなど...
様々なタイヤメーカーが自転車向けのタイヤを出していましたが、満を持してのPIRELLIの登場です。

_MG_7024

PIRELLIのこれまでのF1で培ったレーシングタイヤ開発の技術を注ぎ込んで作られています。

今回は3種類のタイヤが登場しています。
1つめは全ての性能を満遍なくそろえた"P ZERO VELO(Pゼロヴェロ)"
2つめにウェットグリップと耐パンク性能を高め、安定感を重視した"P ZERO VELO 4S(Pゼロヴェロ4S)"
そして最後は転がり抵抗とタイヤ重量をとことん軽くし、タイムトライアルやヒルクライム向けに仕上げた"P ZERO VELO TT(PゼロヴェロTT)"

pzerovelo_009

各タイヤをご紹介します。

まずは1つめの万能タイヤP ZERO VELO
クリンチャータイヤの"ニュースタンダード"を目指して開発されたピレリ渾身の作。
ピレリが独自に開発した"Pirelli SmartNET Silica"というコンパウンドにより、ドライ&ウェットの両方で優れたグリップ性を発揮しつつ、高い耐久性と転がり性能ももったハイバランスなタイヤです。

gmbldacjbafiihfe

pzerovelo_003

pzerovelo_006

続いて安定感と耐久性の向上を狙ったP ZERO VELO 4S
基本モデルに比べてウェットコンディションでのグリップ性能と耐パンク性能が強化されています。
独特なトレッドデザインは、基本モデルよりも路面の水を受け流すようにデザインされ、4S(4 Season)の名の通りコールドコンディションにも向いたタイヤになっています。
優れたグリップ性能と耐パンク性は、過酷な環境でのレースからブルべやロングライドなどにも強みを発揮してくれます。

hjgniciacogkbjmg

4S

4S 2

そして最後のレース向けモデルP ZERO VELO TT
基本モデル同様の"Pirelli SmartNET Silica"コンパウンドにより、高いコントロール性能を確保しつつ、重量と転がり抵抗を極限まで軽くしたタイムトライアル/ヒルクライム用クリンチャータイヤになっています。
3種類のラインナップ中、最も速い速度に向けて作られた、純粋なレーシングタイヤです。

mdnkapemhengdhmk

TT

TT 2

そしてマニア心をくすぐるのが、各タイヤ共にF1タイヤと同じようにカラーを割れ振られています。
更に、タイヤを止めているゴムが、リストバンドになるように作られています。

_MG_7019

_MG_7022

_MG_7020

確かなタイヤ性能と共にマニア心を満たしてくれるPIRELLI、是非一度お試しください!

<< 前の5件 | 次の5件 >>